重曹を掃除に使うというのは、一時的に流行しましたが、現在でも重曹パワーのお世話になっている人も多いでしょう。安全性が高い上、効果も抜群の重曹。まだ試していない人も、ぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今回は重曹の基本的な使い方をご紹介します。アイデア次第でさまざまな使い方がありますが、まずは基本的なところを押さえておくと良いでしょう。

重曹って何なの?

重曹とは、炭酸水素ナトリウムのことです。石鹸の材料にもなる苛性ソーダに炭酸ガスを反応させて製造されています。昔から、お菓子のふくらし粉や野菜のあく抜きとして用いられており、母や祖母に聞けば若い世代よりもなじみ深い物質であることが伺えるでしょう。そのまま水に溶かすと弱アルカリ性を示すため、お風呂に入れてスキンケアに用いられることもあります。

精製の度合いによって、医薬品用、食品用、工業用などさまざまなグレードに分けられています。従来のように料理にも使いたい場合には食品用を購入すべきですが、お掃除にしか使わないという場合にはスーパーや100円ショップでも手に入る安価なもので構わないでしょう。

天然物の重曹もありますが、人工物と成分に差はありません。天然物の方が粒子が細かいと言われることはありますが、お掃除に使う場合にはなおさら差はないと言えるでしょう。

重曹がお掃除に有効な理由~さまざまな作用

重曹には、お掃除に有効なさまざまな作用があります。お掃除で大切なのは油汚れをきちんと落とすことですが、それに効果的な作用がいくつもあり、さらに便利にお掃除ができるための作用まであるのです。重曹のパワーを確認してみましょう。

研磨作用
重曹は結晶自体が軟らかく、研磨作用が入っているため、クレンザーとして使いやすいです。磨き粉としての作用です。
中和作用
重曹は弱アルカリ性のため、酸性の油汚れを中和させて汚れを落とすのに適しています。家の中の汚れの大半は酸性汚れのため、色んなところに使えます。
発泡作用
クエン酸やお酢といった酸性と混ざると発泡します。ガスレンジや排水管など、ガッチリとへばりついて汚れを落として欲しいときに大活躍です。
消臭作用
臭い成分を吸収します。おまけに水分も吸収するので、湿気の多いところに置いておくとイヤな臭いを防止します。

いかがでしょうか。この4つの基本的な作用を理解しておくと、ここから応用して色々な使い方が期待できそうですね。

重曹を3タイプ使い分けよう

重曹を買う場合、通常は粉タイプでしょう。そのまま粉として使う、少しだけ水を加えてペースト状にして使う、ほんの数パーセントの薄い重曹水を作って使う場合の3タイプに分けて、お掃除する場所に合わせて使い分けすると便利です。

粉として使う
直接振りかけてこする、布につけてこするという使い方をします。ふりかけやすいように、スパイスボトルやシェーカーを準備しておくと便利です。
ペースト状
重曹2に対して水1の割合で混ぜて作ります。売られている重曹ペーストのようにしたければ、片栗粉を入れて混ぜた水に重曹を多めに入れると良いでしょう。
重曹水
1リットルの水に対して大さじ4程度の重曹を入れて溶かします。スプレーボトルに入れておくと便利です。手軽に拭き掃除に使う、バケツに作ってつけおき洗いにも良いですね。

この3タイプの重曹を常備して、キッチンや手洗い場に置いておけば、気がついたときにちょこっと掃除ができて便利です。普段から掃除をすることで、年末の大掃除で大変な思いをしなくて済むようになりますよ。

代表的な使い方

そんな重曹の代表的な使い方をあげてみましょう。

まず一番使いたいのはキッチンではないでしょうか。油が飛び散ったガスレンジには、粉を直接ふりかけて、湿らせたスポンジでこすってみましょう。換気扇にはペースト状をつけて置いておいたり、クエン酸と混ぜて発泡させて放置しても良いでしょう。置いておいてから歯ブラシで磨くことで、キレイになります。シンクの水あかを落とすのにも、粉を直接ふりかけてこすると効果的。三角コーナーの底にふりかけておくと、臭いを防ぐことができます。

次に使いたいのが浴室。タイルなどのカビ取りには、ペーストがよく効きます。ブラシでこすればさらにスッキリ。バスタブや洗面台、蛇口には、粉のままふりかけてスポンジでこすると良いでしょう。シャンプーボトルをまとめてキレイにしたい場合には、洗面器やバケツにお湯をはり、重曹をひとつかみ入れます。ボトルをまとめて放り込んで、しばらくしてから軽くこすれば一気にキレイになりますよ。

意外なのがリビングでの使い方。ソファやカーペットといった布製品をスッキリさせたいときには、全体に粉のままの重曹をふりまきます。数時間置いてから掃除機で吸い取れば、臭いも取れ、全体的にスッキリしますよ。フローリングの場合には、全体的に掃除機をかけてから、重曹水で雑巾がけをしましょう。ベタつきもスッキリ、臭いもなくなります。

靴箱に、重曹を入れた容器を入れておくと消臭と除湿になります。一日履いてムレが気になる靴には、そのままふりかけたりお茶パックに入れたりしてシューキーパー代わりにもなります。アロマオイルを1滴たらしておけば、おまけに良い香りをつけることもできますよ。