3歳の誕生日にプレゼントを贈る場合、どんなものを選んだら良いのでしょうか。3歳と言えば言葉も達者になってきて、かなり活発に遊ぶようになっています。これまでよりも本格的なおもちゃを与えてあげることで、創造力が広がるかもしれませんね。今回はそんな3歳の誕生日プレゼントの選び方をご紹介しましょう。

3歳ってこんな時期

3歳になると、身長は90センチ前後、体重は13~14kgほどになっています。体重よりも身長の伸びが顕著になってくる頃で、すっかりおにいさん、おねえさんらしい見た目になってきます。もちろん運動の習慣や成長には個人差が大きいので、おおよそという目安です。周りの子たちと違うところがあると、親としては不安に思うものですが、個性として認めてあげることでお子さんも安心して成長ができる時期でしょう。

着替えや食事を一人でできるようになってきて、トイレや手洗いといったルールも守れるようになってきます。少しずつ自立していって、親の手がなくても一人でできることが増えてきます。公園などで遊んでいても、周囲と協調して遊ぶことができるようになってきて、順番や持ち物といったルールが分かってくる時期です。

感情表現が豊かになってきて、周囲の感情に対して注意を向けることもできるようになってきます。ただ個人差が大きい部分なので、まだまだ何でもイヤイヤとわがままを言う時期が続くこともありますし、落ち着きがなくて情緒不安定ということもあります。いつもより激しい様子でぐずることが続くようであれば、スキンシップを増やして安心させてあげることが有効かもしれません。

3歳の誕生日プレゼントの選び方

そんな3歳の誕生日プレゼントでは、これまでよりももっと大人っぽい、しっかりとしたものを選ぶと喜ぶでしょう。何かを自分で作りだす喜びだったり、体を思い切り動かして遊ぶことで成長を促すこともできますね。

体を動かして遊べるもの

すでに走り回って遊んでいる子もいるように、体を動かすのが大好きになっています。公園で遊ぶのが好きな子なら、思い切り走りまわらせてあげると良いでしょう。見守る親は大変なので、それを楽しみにできるようなママ向けプレゼントを一緒にあげると良いかもしれません。

想像力がふくらむようなもの

何かに見立てて遊ぶというごっこ遊びが得意になります。おままごとが具体的になったり、キャラクターになりきる遊びも大好きでしょう。積み木やブロックを組み合わせて何かを作り出すのが得意な子もいます。遊び方が限定されないようなおもちゃは、3歳児の興味を広げてあげられるのではないでしょうか。

手先を使うもの

細かいものも器用に扱えるようになってきています。女の子ならパーラービーズやルームバンドなど手作りアクセサリーセットやお人形、男の子なら模型やブロックなど、細かな違いを理解して遊ぶようになってきます。並べたり組み合わせたりはめ込んだり回したりと、さまざまな動きで脳を刺激してあげましょう。

女の子におすすめのプレゼント

女の子もお外が大好きな子もいますし、おままごとに熱中する子もいるでしょう。2歳ごろからお絵描きに夢中で、どんどんアーティストのようになっているという子もいるでしょう。こんな雰囲気が好き、というのもだんだん出来上がってくるので、一緒に選びに行くと良いかもしれません。

本格的なおままごとセット

おままごとはもっと大きくなるまで楽しめる遊びですし、ごっこ遊びを兼ねています。そんなおままごとをもっと楽しめるように、今までよりも本格的なおままごとセットをプレゼントしてはいかがでしょうか。オシャレに興味が出てきているなら、お化粧ができるドレッサータイプのものも良いですね。

ドールハウス

お人形が住む家を自由にセッティングできるようなドールハウスはいかがでしょうか。あらかじめ家具がセットされていれば、ストーリーを作って遊ぶのが好きな子は喜ぶでしょう。また家具にもこだわりがあって、一つずつ買い揃えて理想のドールハウスを作りたいという子もいます。普段どんな遊び方をしているのか観察しながら選んでみましょう。

ねんどセット

家の中で使える砂場セットや、カラフルなねんどをこねて遊ぶようなものがあります。手を使って遊ぶと想像力が刺激される上、空間感覚や色彩感覚が身につきます。自分で作りだして完成させる喜びが味わえます。

キャラクターの服、リュックなど

好きなキャラクターの入った洋服やリュックなど身に付けるものがあると、お出かけが楽しくなるでしょう。親の趣味とは違うものが好きな場合もありますが、3歳の頃は個性を認めてあげることで自立心につながります。好きな格好をさせてあげると良いでしょう。

男の子におすすめのプレゼント

男の子はやっぱり走り回って体を動かすのが大好きという子が多いでしょう。そんな子には、お外で思い切り遊ばせてあげられるようなおもちゃがおすすめです。目を離せない時期になりますが、体力をつけたり体を作る大事な時期なので、思い切り発散させてあげましょう。

三輪車やスクーター

走り回るだけでも楽しいものですが、三輪車にうまく乗れるようになるのも喜びとなります。ヘルメットや膝当てをつけてあげれば、見守るママのハラハラも少なくなるかも? バランス感覚や運動の基礎を身に付けられるのでおすすめです。もっと車輪が多くて安定性のある乗り物もありますね。普段の走る様子などから判断してみましょう。

組み立てるおもちゃ

ブロックやスロープを組み立てて大きなものが作れるおもちゃがおすすめです。

設計図がないところから自分で考えて組み上げられるので、想像力を刺激して満足感も得られます。公園の砂場で遊ばせるのは衛生的に心配という場合には、家の中で散らばらない特殊な砂もおすすめ。大きなバケツで買うと、家の中で小さな芸術家が熱心に作品を作りだすでしょう。

虫取り網やカゴ

カブトムシやクワガタといったかっこいい虫に興味がそそられる時期が始まります。パパやママと一緒に虫を取りに行ったり、友達と遊びに行くことによって、自然への興味や理解が深まります。周囲への配慮というのも学ぶことができる良い機会になるでしょう。

えほん百科

今では百科事典を揃えるという家庭は少なくなりましたが、やはり本タイプで手に取っていつでもどこでも見られる百科事典は面白いものです。好きなジャンルがあるなら、例えば恐竜図鑑とかはたらく車とか、えほんのように親しみやすくてフルカラーの百科もあります。

まとめ

3歳ともなると、本格的なおもちゃや自分で作りだす喜びを味わえるプレゼントがおすすめです。何に興味を持つのか、そして成長度合いも個人差が大きいもの。その子に合わせたプレゼント選びをしたいですね。