出産祝いとは、身近な人に赤ちゃんが生まれた時に贈るプレゼントです。新しい命の誕生や出産のねぎらいの意味も込めるとあって、できれば相手に喜ばれるものを贈りたいですよね。

そこで今日は、これから出産祝いを準備する人のために、現金を包む場合の相場や売れ筋の品物、贈るタイミングについても調べてみました。

出産祝いに包む現金の相場は

親族

出産祝いを現金で贈る時の相場としては、年代や地域によっては多少異なるものの、親子間は3万から5万円、兄弟姉妹間では1万から3万円、親戚などは親しい間柄の場合は2万円程度、特に交流が無い場合は5000円から1万円程度が妥当な金額となります。

会社関係や友人

会社関係や友人知人に関しても、出産した人やその家族との交流の深さによって相場は変わってきますが、親しい間柄では1人につき5000円から1万円、友人グループや部署の連名で贈る場合は1人2000円から5000円程が相場と見られており、近所や隣家については、こちらも交流のあるなしが大きく関与してきますが、相場は3000円から5000円となっています。

双子の場合

ちなみに、双子を出産した方には、上記で紹介した金額の1.5倍から2倍が目安となっていますが、地域によっては生まれた人数よりも出産の回数を基準として、1人生まれた時と同額にするケースも多いようです。

現金の包み方

また、出産祝いを贈る時に準備する祝儀袋には、ちょう結びの水引が付いたものを用意するのが一般的ですが、これには、ちょう結びが何度でも結びなおせることで「良いことは何度あっても良い」と言う意味合いが込められており、表書きには「ご出産御祝い」「寿」「御祝い」と書くのが一般的となっています。

祝儀袋の種類としては、昔ながらの紅白の祝儀袋だけでなく、赤ちゃんにふさわしくかわいらしいデザインのものや、祝儀袋自体があとからハンカチとして使えるなど機能性に富んだものまで、かなりの選択肢があると言えます。

とはいえ、この中から最適な祝儀袋を選択するポイントとして忘れてはいけないのは、「包む金額に見合った袋」を選ぶと言うことです。

袋だけ豪勢な作りになっていても中身が少なくてもいけませんし、お祝儀を奮発したにも関わらず袋が簡素過ぎるのもいけませんので、金額と袋が見合うように気を付けて選ぶようにしましょう。

人気!売れ筋の出産祝いの品物とは

出産祝いで喜ばれるプレゼントと言えば、やはりベビー服が断トツです。

多くの人が選ぶ出産祝いのベビー服ブランドでは、上質かつデザイン性の良さが光るプチバトーやお手頃価格の中にもキラリとセンスが光るコムサイズム、ポップでカジュアルなおしゃれが楽しめるラルフローレンなどが人気のようです。

ベビー服を選ぶポイントとしては、生まれてすぐに着るおくるみや数か月分の服は既に用意されていることが多いため、1歳から2歳にかけて着る90センチ前後の服を選ぶことをおすすめします。

もし、服の好みがわからない、どんな服を選べば良いか難しいと言う場合は、積み木などの知育玩具や音の出る絵本や乗り物玩具など、金額的に余裕がある場合はアクティブなママに大人気の抱っこ紐(エルゴベビーやコンビなど)も大変おすすめです。

また、全国の百貨店の子供用品売り場はもちろんのこと、ベビーザらスや赤ちゃん本舗などの店舗や、遊園地や水族館の利用にも使える子供商品券も出産祝いのプレゼントとして大変人気の高いアイテムです。

こちらは、キティちゃんを始めとして毎年新しいキャラクターデザインのカードが発行されており、ギフトとしてグリーティングケースに入れてもらえるサービスが利用できます。

贈るタイミングをきちんと守ろう

出産祝いを贈るタイミングとしては、赤ちゃんの誕生日から数えて7日から30日過ぎのお宮参りの頃までが、ベストな時期と言えます。

当然のことですが、お祝いを贈る際は、間違っても無事に生まれてくるか定かとは言えない出産前には贈らないようにしてください。先方やそのご家族から出産の知らせを聞いてからを贈るようにし、直接訪問して手渡す場合には、産後2週間から3週間後、先方の体調によっては1カ月を過ぎて落ち着いた頃を見計らってから予定を伺ってみましょう。

伺う日が近くなったら、ママや赤ちゃんに風邪などのウイルスを移さないためにも自分自身の体調管理の徹底を心がけ、当日は先方のご家族に積もる話があったとしても、滞在時間は短めを目標とし決して長居することのないように配慮する必要があります。

まとめ

出産祝いとは、赤ちゃんの誕生を一緒に喜び、大変な出産の労をねぎらう意味でも大切な贈りものと言えます。

こうした慶事では、とりわけマナー良くきちんとしたお祝いができるとこれからの親戚付き合いや社会生活において、円滑な人間関係を構築できるようにもなりますね。

基本的に金額の相場は、年齢や親交の深さによって左右されるため、それほど神経質になる必要はありませんが、贈るタイミングとしては先方の内祝いの用意もあるので、常識的な範囲の段階で贈るようにすることが大切です。

また、現金を包む場合は新札を用意し、4や9などの縁起の悪い数字にならないようにするなど、配慮することも忘れないようにしましょう。