粉ミルクを溶いてミルクを飲めるようにするにはお湯が必要ですが、そのお湯は70℃以上であること、とWHO(世界保健機関)のガイドラインにあります。

これはエンテロバクター・サカザキ菌などの有害な細菌から赤ちゃんを守るためです。

新生児の授乳は一日平均8回もありますので、授乳の度に70℃以上のお湯を用意するのは大変な作業です。それを助けてくれるのが、調乳ポットです。

調乳ポットには保温タイプと沸騰タイプの二種類あって、保温タイプは沸騰したお湯を入れておくと、一日中70℃以上で保温しておくというもの。1リットル程のお湯をたっぷり保温しておくことができます。

沸騰タイプは、ミルク一回分程度(200ml)の水を、3分ほどの短い時間で70℃以上のお湯にします。少量の水で作れるので、水も電気代も無駄がありません。また、作り置きに抵抗がある人にも便利です。

代用可能?

調乳ポットは基本的にお湯を保温するもの、または沸騰させるものなので、必要不可欠な育児グッズというわけではありません。

例えば、調乳ポットでなくてもお湯を1分程度の時間で沸かす電気ポットも商品としてありますし、通常の、水を沸かして保温しておく電気ポットでももちろん代用可能です。

こちらの電気ポットはさまざまなタイプの商品が出ていますし、中には98℃、80℃、60℃など、保温する温度を設定できるものもあります。

もともとこういった電子機器を持っているのであれば、購入してまで使用する必要はないかもしれません。裏を返せば、授乳が終わって調乳の必要がなくなったら、こういった電気ポットの代わりとして使えるということです。少量のお湯をすぐに沸かせるのは忙しい朝にお茶やコーヒーを飲むのに便利ですし、保温しておけば料理などにも使えます。

何よりも、調乳ポットは他の商品よりもデザインがかわいいのが特徴です。コロンとした丸い形状のものが多く、中にはピンク色の華やかな色の商品もあります。

調乳ポットを購入した人の中には、デザインに惹かれて、という理由を挙げている人が少なくありません。

また、調乳ポットや他の電気ポットに代用可能なものとして、ウォーターサーバーがあります。

ウォーターサーバーというと、会社や病院などに置いてある、手軽に冷たい水が飲めるもの・・・という印象がありますが、商品によっては80℃以上のお湯を保温しておけるものもあります。シンクのように蛇口が二つあって、赤の蛇口からはお湯が出て、青の蛇口からは冷水が出る、というようなものです。

調乳をする際に、お湯に湯冷ましを混ぜて人肌まで素早く冷ます人は多いと思いますが、ウォーターサーバーだと湯冷ましを用意しておく手間がないので、便利です。

調乳ポットは必要!派の意見

実際に使ってみて、とっても便利だった、という声を具体的に見ていきましょう。

  • 1人目を出産した時に購入し、3人目まで使用しました。1つあれば何年も使えるものなので、2人以上の出産を考えている人であれば、買ってもいいんじゃないかと思います。
  • コーヒーメーカーのようなおしゃれなデザインに惹かれて購入しました。授乳が終わってからは、インスタントのドリンクづくりに役立っています。
  • 一度沸かしたお湯でも、ポットにためておくのに抵抗があったので、必要な分だけすぐに沸騰させてくれるタイプを選びました。夜中の調乳に特に活躍してくれました。
  • 使い方が簡単なので、主人も積極的にミルクを作ってくれました。
  • 丸くてかわいいデザインが気に入って購入しました。完全ミルクだったので、特に新生児の時は重宝しました。
  • 調乳が必要なくなった後も、離乳食を作る際に便利に使っています。

調乳ポットは不要!派の意見

実際に使ってみて、特に必要なかった、という声を具体的に見ていきましょう。

  • お手入れが大変。保温しているとどうしてもカルキがこびりついてしまうので、その除去に手間がかかりました。
  • サーモの切り替え音が、カチッカチッと始終していて気になってしまいます。特に夜は眠りたいのに音が気になってイライラしてしまいました。
  • 外出時は他に保温のできる水筒が必要になるので、これ一つで調乳は解決、というわけにはいきませんでした。
  • 出産前に一通りの育児グッズをそろえましたが、使ってみたらすでに自宅にある普通の電気ポットで十分でした。
  • 母乳がたくさん出たので、調乳の必要がほとんどなく、使用する機会がありませんでした。

悩む場合はレンタルを

出産後の体の疲れや忙しさを考えると、育児グッズは妊娠中にそろえておきたい、と考える人が大半でしょう。しかし、上記の意見にあるように、実際に産まれてみたら必要なかった、という場合もあります。

できるだけ育児が負担にならないよう、便利なものはそろえておきたいというのであれば、最初はレンタルしてみてはどうでしょうか。

例えば調乳ポットだと、だいたいの目安ですが、2週間まで1,300円、1カ月1,600円、2カ月2,000円、くらいの金額でレンタルできます。購入しようとすると、商品によりますが3,000円~10,000円ほどするので、体が回復するまでの1カ月程は少しでも楽に授乳できるように、1カ月だけレンタルするのであればお得です。1カ月レンタルしてみて、長く使えそうだと思えばその時に購入しても良いでしょう。

手持ちの電子ポットや保温ポットなど使えそうなものを計算に入れて、本当に購入してまで必要かどうかを検討しましょう。