出産のお祝いに何をプレゼントしよう…そう悩む人も多いですよね。そんな人にお勧めなのが「おむつケーキ」です!見た目が可愛らしく豪華なのに、おむつは使えて実用的。ベビー服やおもちゃと違い、どれだけもらっても困りません。今回はそんな「おむつケーキ」の作り方をご紹介します。

おむつケーキってどんなもの?

おむつケーキとは、おむつを使ってケーキを模して、リボンや造花などでデコレーションラッピングをしたものです。出産祝いとして海外では定番で、日本でも最近20代の女性を中心にプレゼントする人が増えてきています。発祥の地アメリカでは、販売されているものも多種多様。カラフルにまとめられ、個性あふれるおむつケーキがたくさん店頭に並んでいます。特に出産前にお祝いする「ベビーシャワー」のパーティーでは、見栄えも良く人気なのです。一方で日本では取り扱っているお店も海外ほど多くなく、種類も少ないのが現状。そこでおむつケーキを手作りする人がとても増えているのです。

基本のおむつケーキの作り方

まず基本となるおむつケーキの作り方をご紹介しましょう。Aは大きめのおむつケーキを作りたい人向け、Bは初心者向けです。

材料

・おむつ40枚~80枚
・ポリ袋
・輪ゴム
・テープ(両面テープ、セロハンテープ)
・デコレーション用リボン、レース、造花、白い布など

A 芯棒を使用する場合…芯材(ラップなどの芯)、ビニールひも
B 丸カゴを使用する場合…大きめの丸いカゴ

作り方

①.おむつを丸めていく
おむつケーキに使用するおむつを丸めていきます。衛生面に気を付け、おむつは2、3枚ずつ重ねてポリ袋に入れ、空気を抜きながら丸めて輪ゴムで止めます。

②.土台を作る
A 芯棒を使用する場合…丸めたおむつを立て、芯材の周囲を囲みます。1周囲んだらビニールひもで縛り、2周目。同じように3周目まで囲みます。

B 丸カゴを使用する場合…丸いカゴに、丸めたおむつを立てて詰めていきます。

③.2段目以上を作る
A 土台の上に2段目を作ります。同じように芯材を囲むようにおむつを立て、ビニールひもで固定します。長めのラップ芯を使っている場合、3段まで作ることができます。

B 丸カゴの土台の上に、2段目を作ります。1段目と2段目が繋がっていないため、両面テープなどでしっかりと固定します。

④.デコレーションをしていく
1段目~3段目まで思い思いに飾っていきます。周りはリボンでデコレーションをし、レースをあしらうと上品になります。隙間に造花を指していけば豪華に仕上がります。

Aのポイント:芯材の穴に造花の茎部分を入れれば簡単に固定できます。
Bのポイント:1段目と2段目をそれぞれ白い布で覆えば、ケーキの見た目に近づきます。

おむつケーキに使用するおむつのサイズ

おむつケーキを作る際に使うおむつのサイズ、どんな大きさにすればいいのか迷ってしまうかもしれません。生まれてすぐに使うおむつは「新生児用」ですが、体型によって生後2カ月位で「Sサイズ」に切り替えるケースが多々あります。

おむつケーキは記念としてしばらく飾っておく人が多いことから、サイズは余裕を持って選ぶのが無難。目安として「Sサイズ」は生後2、3カ月~8カ月頃まで使用し、「Mサイズ」は生後6カ月から1歳半くらいまで使います。

Sサイズでも問題はありませんが、もし不安ならMサイズで作ると良いでしょう。1歳の誕生日にプレゼントするならLサイズで作りましょう。

おむつケーキは大きい方がいい?

おむつケーキを作る際に、気になるのはその大きさです。大きくても小さくても喜ばれますが、相手の状況に合わせて作れると尚ベターですよね。たとえば赤ちゃんお披露目会のようなホームパーティーに行く予定なら、3段や4段のちょっと派手目に仕上げても目立ってインパクトがあります。サプライズでプレゼントするなら、きっとビックリするはずです。手渡しするのにかさばる大きさは嫌という人は、1段か2段にして、上のデコレーションを凝ったものにするのも持ち運びやすくてGOOD!小さめだと棚に置きやすく、しばらく飾っておいても邪魔になりません。

相手の性格に合わせて、よりゴージャスなものを喜んでくれる人であればより大きめに、好みが分からないなら程よい大きさに仕上げるのもいいかもしれませんね。

アレンジ自由自在!!

おむつケーキは基本の作り方を押さえれば、アレンジは無限。例えばより上品に目上の人にプレゼントするなら、おむつが見えないようにサテンの布やレースでカバーしてしまうのも手です。おむつをポリ袋に入れた後、白い布などの巾着に入れて作れば、解体した後も少しずつ使えて便利ですよね。

造花やリボンと共に小さなぬいぐるみを飾るアイディアもあります。赤ちゃんの性別に合わせた可愛らしいお人形をメインに、色味や雰囲気を合わせて飾れば統一感も出ます。もう一ひねりするなら、ベビーグッズをたくさんつけるのもお勧め!スタイや靴下、小さなおもちゃなどをあしらえば、ポップで可愛らしくなります。ひとつひとつが使えるものなので、無駄にならず嬉しいですよね。その場合、同じブランドや同じキャラクターでまとめると良いですよ。

おむつケーキはおむつを使用するためにいずれ崩してしまいますから、崩した後も楽しめるようにする方法もあります。おむつに合わせて厚紙で箱を作り中におむつを入れ、箱にデコレーションをしていけば、その箱は収納箱として使えます。おもちゃ箱を想定して作ってもいいですね。おむつの真ん中にサプライズのプレゼントを忍ばせておけば、後で驚かれるかもしれません。

おむつケーキは、ケーキ以外にもたくさん作ることができます。上級者向けとして、なんとおむつのベビーカーやドレス、バイクなども作ることができるのです!あなたのセンスで可能性は無限大。楽しみながら作ってみてくださいね。