年の暮れになると気になってくるのがお歳暮のこと。特にお返しはどうすべきなのか、失礼にならない対応をするのに迷ってしまうものです。今回はお歳暮の基本ルールをはじめ、御歳暮のお返しについても詳しくまとめていきたいと思います。

お歳暮はお礼の気持ち

お歳暮の意味を理解するのには、歴史を知ると良く分かります。江戸時代の商業の習慣では、お盆と年末の時期に半年分まとめて支払いをする「盆暮の支払い」が一般的でした。その際に「今年お世話になったお礼と新年へのご挨拶」を兼ねて品物を持参するのが、お歳暮の始まりと言われています。

もともと日本では新年に年神様にお供えする品物を、年末に家元や本家に持っていく風習がありました。この風習とくっついて、お歳暮が一般的にも定着し、今でも続くようになったのです。つまり目上の人に対する「御礼の気持ち」「感謝の気持ち」が根底にあることから、お歳暮にはお返しを期待するものではないということが分かりますよね。

お歳暮を贈る時期と、頂いた後にすること

お歳暮を贈る時期は、かつてはお正月の準備を始める「事始めの日」と呼ばれる12月13日から12月20日までに手配するのが一般的でしたが、今は師走の忙しくなる時期よりも早い11月下旬から贈る人もいます。地方によっても違い、関東では12月の一カ月間、関西では12月13日から大晦日までに贈ります。ただこの違いによって失礼になることはありません。

お歳暮は相手に対するお祝い事ではないため、お互いに贈り合うのが普通です。お歳暮を贈っていない相手から届いたらすぐに手配をします。年内に届けられるのであれば「御歳暮」として手配をし、年が明けてしまうなら「御年賀」として送ります。お正月の終わりの松の内(1月7日)を過ぎるようなら2月3日までに「寒中お見舞い」として贈るようにしましょう。

ちなみにこの考え方はお中元も同じですね。お中元も互いに贈り合い、時期を過ぎたら「暑中見舞い」にのしの表書きを変えるのがポイントです。

お歳暮とお中元の違い

お歳暮やお中元は、半年に一度お世話になった人にご挨拶をする習慣です。基本的な考えは同じで大きな違いはありません。かつてはどちらも手渡ししていましたが、今は百貨店やインターネットでの配送サービスを利用するなど、手配が簡単に出来るようになっています。

どちらも毎年継続して贈るもので、「今回だけ」「今年だけ」贈るというものではありません

基本的には同じ人に年に2回贈り物をするという考え方が普通。お中元はお盆、お歳暮は年末に贈るものなので、お歳暮の方が「1年間の感謝」を込めて少し高価なものを選ばれる傾向です。お中元とお歳暮は必ずしも2種類贈らなければいけないのではなく、もしどちらかだけにするのならお中元をやめ、お歳暮のみ贈るようにしても失礼ではありません。

ただ相手との関係性や金額の面も含めると皆が皆、ずっと贈ることが負担になることもあるでしょう。もし長年贈り続けていたのなら、やめづらい気持ちもよく分かります。その場合は、突然お中元もお歳暮もやめるのではなく、まずはお中元をやめ、お歳暮の金額を少しずつ抑えるようにし、数年後は年末の挨拶状だけにすることで自然とやめられるでしょう。

相手からのお歳暮に対し、相手よりも高額のものを贈ることで「もうお歳暮を贈らないでほしい」という意味もあります。ただこの場合相手がこの意味合いを知らなければただ喜んでしまうだけですし、知っていても「なんて失礼な!」と捉えられてしまうこともあるため、注意が必要です。

お歳暮に贈るものって?

お歳暮は年の暮れに贈るものですから、夏のお中元と違い、この季節ならではのものが喜ばれます。特に年末年始で家族や親せきが集まる機会が増えますから、みんなで楽しく食べられるものが良いですね。お酒好きな人はビールなどを飲む機会も多いでしょうから間違いないですし、カニや高級な海の幸、ハムやソーセージは食卓を豪華にします。

人気店のコーヒー詰め合わせは世代を問わず好まれ、子どもがいる場合はジュースやスイーツ、果物、洗剤やタオルといった生活用品でも良いでしょう。

年配の方やこだわり派の人には、健康に配慮したものやヘルシーギフトがお勧めです。トクホのドリンクや、酵素やお酢、オリーブオイル、有機栽培の食品、素性が明らかなものは安心して口にすることができます。

相手がどんなものが好みか、家族構成を考慮し贈るのが良いのですが、それを考えたうえで、あなたが特に一押しのものを贈るのも手です。他の地方の人はあまり手にしない地元の特産品も特別感があっていいですね。またあえて毎年同じものを贈るのもあなたに対して印象が強くなります。

もし相手の好みや状況がよく分からないのなら、保存がきくものや消耗品を選ぶと良いでしょう。根強い人気の商品券やカタログも良いのですが、年配の人は「味気ない」と思われることもありますので注意しましょう。

昔はどの家庭も必ず贈り合っていたお歳暮。今は人付き合いの形が変わり、お歳暮をしない人も増えています。しかし「今年一年お世話になりました。ありがとうございます。」と贈り物を貰ったら嬉しくない人はいません。こういう時代だからこそ、若い世代がお歳暮などの日本の風習をしっかり行うことで、あなたの価値も上がるかもしれません!