お中元を頂いたら、嬉しい反面お返しについて気になる人も多いのではないでしょうか。お中元のルールは、時代に合わせて少しずつ変化しています。今どきのお中元の知識やお返しについてをご紹介しましょう。

そもそもお中元とは?

お中元の歴史についてちょっと触れておきましょう。もともと「中元」とは7月15日のことを言い、中国では昔から1月15日の「上元」と10月15日の「下元」と共に重要な日としてきました。

これらの「元」とは3人の天神様の誕生日を示し、お供え物をしお祝いをしたのです。

一方日本では仏教を元に、ご先祖様の供養行事の盂蘭盆会(うらぼんえ)を行ってきました。このお盆では、迎え火や送り火などの儀式をし、そして盆礼を行います。この盆礼とは先祖礼と共に、親や親せき、親しい人にあいさつを兼ねて贈り物をする風習のこと。これが合わさって、江戸時代に先祖へ品を備えるとともに、お世話になった人に感謝の気持ちを伝える習慣が広がり、それが「お中元」となったのです。

お中元の基本

お中元は通常7月上旬から15日までに贈ります。(8月上旬~15日に贈る地域もあります。)贈る金額の目安は3千円~1万円程度。暑い時期となるため、ビールをはじめとする飲み物が人気ですが、季節を感じられる相手の喜ぶものを選ぶと良いでしょう。このお中元は継続して贈るのが一般的で、一度だけ贈るのは失礼だと感じる人もいます。もしお世話になった人に「今年は贈り物をしたい」と思っているのなら、お中元とせずに、無地のしで送るか、表書きを「御礼」にして贈るようにしましょう。

ちなみにお中元は喪中であっても失礼にはなりません。贈る側と贈られる側、どちらが喪中であってもやり取りは可能です。ただし相手側に不幸があったばかりなど、気分が落ち込んでいることが明確にわかる場合は、お中元ではなく暑中見舞いで贈る心遣いをすると喜ばれるでしょう。
7月15日までにお中元を贈れなかった場合、立秋の8月7日までなら暑中見舞いとして品物を贈ることができます。立秋を過ぎてしまったら残暑見舞いとして贈るようにしましょう。

お中元のお返しはどうする?

お中元のお返し、というのは存在しません。お中元はお互いに贈り合うことが一般的でお返しという概念は無いのです。通常何かのお祝いで品物をもらった場合は「半返し」が普通であるため、相手からもらった品物の約半額程の品物をお返しします。しかしお中元は「お世話になって人へのお礼とこれからも末永い付き合いを」という意味合いがあるため、同等額の品物を贈り合います。自分がお中元を頂いたことのない人からもらった場合は、御礼として何かを贈るのではなく、通常のお中元と同じ扱いで贈ると良いでしょう。

気を付けないといけないのは、相手より明らかに高価だと思われる品物を贈らないことです。これは「今後お中元は贈らなくて下さい」という意味合いがあり、気分を害することがあるからです。もし本当に相手に品物を贈る気が無いのなら、最低限のルールとして、お中元を受け取ってすぐに電話でお礼を伝えるか、礼状を送る礼儀は押さえておきましょう。

お中元のお返しで悩むのは、仕事の立場上わいろと疑われてしまうような場合です。職業上の規定において、お中元をはじめお歳暮や贈り物など一切受け取ってはいけないケースがあります。相手に迷惑がかからないよう、お中元を贈っても問題が無いかどうかそれとなく確認すると良いかもしれません。逆にもし自分が受け取ってはいけない側でお中元が送られて来たら、開封せずにそのまま返送し、受け取れない旨を伝えましょう。

お中元が変わりつつある?!

お中元も時代に合わせて変わってきています。かつてはお中元は直接手渡しで贈るのが一般的でした。目下の人が、取引先の相手や上司、お世話になった見上の方に感謝の気持ちを伝え、相手を気遣う意味合いが強いものでした。しかし今は少しずつその意味が変わり、目上の人ではなく、同等の立場の人にも「日頃のお礼」として贈るようになっています。贈る相手は明確な決まりごとは無いため、気軽に贈る人も増えてきたのです。

しかし一方でかつてお中元のやり取りをするのが普通だった関係が、今はしていないというケースも増え、お中元全体の数は年々減ってきています。

最近は「どうせ送るのなら品質が良く、安心安全であるもの、体に良いものを」との傾向が強くなり、こだわった品物を選ぶ人が多くなっています。一般的にありがちで見慣れたものよりも、流行を取り入れた個性的なものが好まれ喜ばれるようになっているのです。

お中元の手配は今はインターネットを活用したり、とても簡単に出来るようになっています。地方の美味しいものも「お取り寄せ」で手軽に購入できてしまう今だからこそ、センスが問われるようになってきたのかもしれませんね。

お中元で感謝の気持ちを伝える、相手に喜んでもらうために贈るという、昔からの根本的な考えは時代を超えても変わりません。どんな時でも品物を頂いたら、まずは丁寧にお礼を伝えること、メールなどではなく気持ちのこもった礼状を書くことは、礼儀として大切なことです。お中元を「面倒なもの」ととらえず、「日頃の気持ちを伝えられる良い機会」ととらえられると、品物を選ぶのも楽しくなりますよ。