赤ちゃんを育てているママに質問です、突然ですが新生児「魔の3週目」ってご存知ですか。

赤ちゃんは3週目や3ヶ月など、3の倍数の週数や月齢になると、理由もなく泣いたりグズったりとママを困らすことがとても多いのだとか。ただでさえ家事や育児でお疲れ気味のママとしては、「理由なき反抗」とやらにホトホト困ってしまいますよね。

今日はそんな、ママを悩ます「赤ちゃんの魔の3週目」の真相に迫ってみました。

 

ある日突然寝なくなる

新生児を育てているママの多くが直面する、生後3週間の育児の壁。

生まれたての頃は1日の大半を睡眠時間に費やしていた赤ちゃんは、生後3週間にもなると起きている時間が徐々に増えていきます。起きているだけなら何ら問題はないのですが、その間ずっと泣いていたりグズっていたりとママを手こずらせることもしばしば。

ミルクもオムツも満たされているのに、「なぜか心が満たされない」と言わんばかりに泣きじゃくる赤ちゃんがとっても多いのです。

また、この頃の赤ちゃんは寝つきも悪く、ちょっとの音ですぐに目を覚ましてしまいます。

2時間抱っこしてようやく眠ったと思ったら、数分後に起きてまた大泣き…なんて話も良く聞きますよね。おまけに夜中の授乳間隔はどんどん短くなるし、起きてる時間はほとんど泣いてるしで、産後ママが心底クタクタになるのがこの時期と言う訳なのです。

赤ちゃんの心の進化がそうさせる

確固とした根拠は無いものの、こうした行動には赤ちゃんなりの深い理由があると言われています

生後間もない赤ちゃんは、お腹がすいたら起きる、満たされれば寝ると言った生活リズムで過ごしています。ですが、生後3週間の新生児ともなると、3時間あまりで母乳やミルクを消化させるので、昼夜を問わず寝たり起きたりを繰り返していきます。

そして、起きてる時間が段々と増えることによって、赤ちゃんの心に進化が芽生えてきます。

「ここはお腹の中じゃないんだ」

「明るい時と暗い時があるんだ」

など、ママのお腹にいた時との環境の変化に戸惑い不安になるのが、まさにこの頃だと言われています。

また、産後3週間は床上げの時期とも重なることで、ママは産後の安静から平常生活に戻り、家事と育児を両立させていかなければなりません。こういったもう一つの環境の変化も、赤ちゃんにとってかなりの不安なのです。

「いつも一緒にいたママがいない」

そんな精神不安も、泣いたりぐずったりが激しくなる理由の一つなのかもしれませんね。

赤ちゃんは眠るのが下手

赤ちゃんは寝るのが仕事と言われるだけあって、眠ることが好きかと思いきや、実際は意外と苦手なんだとか

赤ちゃんの中には、精神的に不安や刺激を受けりすると、どんなに疲れて眠くても興奮して眠れなくなる子もたくさんいます。眠れない不快感を表すために泣き続けることで、脳は更に興奮するばかりか体力の消耗や疲労は増える一方となり、ますます激しいグズりに変化を遂げていきます。

そんな時、「まだお腹がすいてるのかしら」とママが見当違いに授乳を始めたり、「まだ眠くないのね」と抱っこしながらあやし始めたら…。ただ眠りたいだけの赤ちゃんとしては、心外とばかり更にグズつき大泣きしてしまうのも、当然と言えば当然のコトなのです。

もし、赤ちゃんが泣き続けている時は、授乳を必要としているのか、オムツが汚れていないか、熱はないかなどを確認をした上で、いつから起きていたかをチェックすることをおすすめします。

もし、起きてから2時間以上が経っている場合は、本当は眠いのに興奮して寝れない状態に陥っていると考えた方が良いのかもしれません。

そんな時は、赤ちゃんをリラックスさせるためにも、手をつないだり添い寝をしながら、毛布やタオルケットなどで身体をくるんであげましょう。泣いてるからと言って抱っこをすると返って刺激を与える場合もあるので、ベッドか布団などの平らな場所に寝かせる方が良いのかもしれませんね。

魔の3週目はママも疲労困憊

この時期のママは、精神的にも肉体的にも疲れが溜まってきています。大変な出産を終え、ようやく退院したと思ったら、昼夜問わず授乳とオムツ変えの日々。それもようやく慣れてきて、さぁ本格的に家事と育児の両立だと思ったら、魔の3週目の到来が…。

身体はまだ本調子ではない中で、生活の変化だけは目白押しとあって、ママもクタクタに疲れてしまう時期でもあるのです。

そういった疲労の積み重ねやホルモンバランスの変化が、産後のイライラや産後うつを引き起こす原因にもなっているので注意が必要です。

産後うつにならないためにも、日頃から夫や双方の家族など周囲に助けを借りながら、自分の心と身体を休めていきましょう。
特に、魔の3週目を迎える頃は、自分だけで対処せずに他の人にも育児を任せることも大切です。

「一人で頑張らない」これこそがこの先続く育児を乗り切る秘訣なのかもしれませんね

最後に

育児は、山あり谷ありです。今、まさに魔の3週目に突入していても、原因と対処法を知ることで、ママはきっと乗り越えられるはず。あともうちょっとだけ、頑張ってみませんか。その山を越えると、ふっと喜びや楽しさが沸いてくるのも育児。