やけど虫って知っていますか?体液に触れるとやけどのような症状がでる、日本ならどこにでもいるちいさな虫です。お子さんがやけど虫の被害に遭わないためにも、やけど虫に対する詳しい知識を身につけておきましょう!

やけど虫ってどんな虫?

やけど虫の正式名称は「アオバアリガタハネカクシ」。体長7ミリほどで、黒とオレンジ色のアリの様な虫です。青みがかった羽がありますが普段は見えづらく、飛べない虫に見えます。

ほぼ日本全国にいて、田んぼや畑、川の近くや公園や草むらなどに生息しています。6月から8月の暑い時期に頻繁に見られますが、冬の寒い時期以外なら出現する可能性は十分にあります。

このやけど虫、体液には毒性があります。体液中にあるペデリンという物質が皮膚に触れることで、皮膚炎が引き起こされます。子どもからみると、このやけど虫はちょっと変わったアリのように見え、躊躇なく触ってしまうことがあり注意が必要なのです。

やけど虫の毒に触れてしまうと…?

やけど虫が怖いのは、この毒性がとても強いためです。やけど虫のことを知っていて、飛んできた虫を手で払った際に触ってしまうことがあります。また駆除しようと潰したりすることで体液が皮膚につきます。皮膚についてしばらくするとまずはかゆみを感じ、次に赤くなり水ぶくれになります。そしてやけどをしたような強い痛みを伴うようになるのです!

もし触ってしまったら、必ずすぐに手を消毒する必要があります。触れた箇所の炎症は避けられませんが、その箇所だけの炎症で済みます。

やけど虫を触った手で、触れた箇所にも皮膚炎は起こります。目をこすってしまい毒性が眼に入ってしまうと、角膜炎や結膜炎をおこし、悪化すると失明することも。また皮膚炎が重症化すると、リンパ管炎や頭痛、めまい、悪寒や発熱を伴うこともあります。

やけど虫によっておこった皮膚炎は治るのにもとても時間がかかります。一週間ほどで症状は治まりますが、跡が消えるのには数カ月かかる人もいるのです。うっかり触ってしまったら、その手は超、要注意!!間違っても顔などを触らないように特に気を付けることが大切です。

やけど虫に触ってしまったら、その手でどこにも触らないように注意しながらまずは丁寧に洗い流します。そして市販されている抗ヒスタミン剤が含まれているステロイド軟膏を塗りましょう。ただ皮膚炎の症状がひどい場合や、目などを触ってしまった場合は迷わず皮膚科で診てもらいましょう。

やけど虫を見つけたらすべきこと

やけど虫を見つけたら、決して触ってはいけません。もし自分の腕の上を歩いているのを見ても、焦って叩くのは絶対にNG。

「ふっ」と息を吹きかけて飛ばせば、虫は逃げていきます。もし部屋の中で見つけたら速攻駆除したくなりますが、まずは一旦落ち着いて。やけど虫を潰さないように何枚かに重ねたティッシュなどを使ってやさしく包んで取り除きます。殺虫剤で殺すことはできますが、その死骸にも要注意。たとえ死んでいてもうっかり触ってしまっては意味がありません。死骸に触れないように処理をしましょう。

また「触っていない」と思っていても、逃がしたり駆除した際は必ず手をよく洗いましょう。やけど虫による皮膚炎は触ってすぐにあらわれないため、あなた触れてしまったことにただ気付いていないだけかもしれません。

やけど虫を寄せ付けないためには?

やけど虫は、自分から近づかない、寄せ付けないことが何よりも大切です。やけど虫対策として、虫よけスプレーや蚊取り線香は効果が無いため、市販のエアゾール殺虫剤を常備しておくと安心です。やけど虫は明るい場所に集まる習性があるため、網戸に吹きかけておくと効果があります。また電撃殺虫器も良いでしょう。吊り下げるタイプで光で虫を誘い、高電圧で殺します。電源が必要となる場合が多いですが、庭や玄関に下げておくだけで効果があり、薬剤を使わないことで臭いや煙もありません。

やけど虫にはアロマが効果的だという説もあります。アロマはフィトンチッドという植物から発生する匂いがもとになっています。植物は害虫などから身を守るためこの匂いを放ち、虫を弱らせ時には死なせることも出来るのです。私たち人間にとって森林の香りは全く害は無く、とても高いリラックス効果がありますが、虫たちにとっては自身の体を害する嫌な臭いなのです。

このアロマを嫌がるのはやけど虫だけではありません。

蚊やダニ、ノミやゴキブリなどにも効果があります。アロマランプやアロマキャンドルは部屋のインテリアやワンポイントにもなりオシャレ。これらを効率よく組み合わせてやけど虫が近寄れないようにすることが大切です。

小さな子どもはしっかり言い聞かせて!

子どもは見慣れない生き物には特に興味を持つものです。しかしやけど虫などの被害を恐れて、公園や自然の中で思いっきり遊ぶことを止める必要はありません。親として大切なことは、危険な可能性があるものはきちんと教えてあげること。

やけど虫の見た目や特徴をはじめ、いざ出くわした場合はどうしたらいいのか、触ってしまったらどうすればいいのか、対処法を教えてあげましょう。やけど虫の写真を見せてあげると良いですね。

親子でやけど虫についてしっかりと学んでおけば、いざという時に焦ることなく、被害も最小限に抑えられますよ!