年に三回振り込まれる児童手当。

子どものために支給されているのですから、子どものために使ってあげたい、というのはすべての親に共通する思いですよね。

『どんなことに使うのが適切な使い道なの?』、『みんな何に使っているの?』という疑問にお答えするべく、児童手当のいろいろな使い道を調べました。

児童手当とは?

児童手当は0~3歳未満の子どもに月15,000円、3歳~中学校修了(15歳)の子どもに月10,000円が支給される制度です。
(第3子以降は小学校修了まで15,000円、年収960万円以上の家庭ですと所得制限により一律5,000円となります。)

毎年2月、6月、10月の年3回、4カ月分が支給されますが、申請しないと支給されず、またさかのぼっての支給はありませんので注意が必要です。

財源は国、地方自治体、事業主拠出金です。

児童手当支給の目的は、「次世代を担う児童の健全な育成」と「家庭等の生活の安定に寄与すること」。

つまりは、子どもの育成・教育に掛かるあらゆる支出金や、安定した生活を送るために必要不可欠な支出金に使ってください、ということです。

子どもを健やかに成長させるために使うのであれば、どんなことに使おうが各家庭の自由です。

例えば、ママの習い事やパパのゴルフクラブに使うのは支給目的に外れていますから、NGということになりますね。

みんなの児童手当の使い道

上述したように、子どもの健やかな成長のためならば何に使っても良いのですが、ただなんとなく食費やおやつ代に消えてしまうのではもったいない気がします。

せっかくもらえるお金ですから、賢い、納得のいく使い方をしたいですよね。子どものためになる、家庭が助かる、と多くのパパ・ママが考える使い道をご紹介します。

・貯金

多くの人が選んでいる使い道が「貯金」です。
第1子、第2子を例にすれば、産まれてから中学校修了まで198万円もらえる計算になります(途中で児童手当制度がなくならなければの話ですが)。

高校に入ってからの学費や塾代になりますね。

子ども名義の口座を作ってそこに貯めていくようにすると、いつの間にか使ってしまうということもなく、積立貯金のように貯めることができます。

また、今現在必要なお金は毎月の収入で賄えているので、児童手当の使い道を検討中という家庭にとっても、貯金は有効です。

将来もしかしたら子どもが留学したいと言うかもしれない、外国の巨匠に師事したいと言い出すかもしれない・・・多くの可能性を秘めている子どもだからこそ、目標や目的を見つけた時に精神的にも金銭的にもサポートしてあげたい!

そういう、ここぞという時のお金を準備しておくために、貯金は非常に有効な手段です。

学資保険

ただ貯金するだけでなく、学資保険として運用する親御さんも多いようです。

マイナス金利の影響で学資保険などの貯蓄型保険にとっては非常に厳しい流れになっていますが、学資保険なら返戻率によっては増えて戻ってきますし、万が一の保障もついているのでいざという時に役立ちます。

強制的な貯金とも捉えられますので、ついついあるところから生活費を補てんしてしまいがち、という方が子どもの将来の学費を貯めるにはぴったりです。

習い事の月謝

年少さんに上がると、だんだんと子どもに公文など習い事をさせる家庭が増えてきますね。

子どもの可能性を引き出したり、才能を見極めるためにいろいろなことを経験させてあげたいというのが親ごころ。児童手当を習い事に当てることで、子どもの成長をサポートすることができます。

学費

幼稚園、保育園の学費の足しに。

特に私立幼稚園は毎月の学費も大きいですし、教材などの雑費も月によっては大きな金額が必要になります。

行事の必要経費

子どもの健やかな成長を祈願するための伝統的な行事はたくさんあります。

ご両親や親せきを招いてのお祝いや写真代など、大きな金額が動きますから、児童手当を充てる家庭も多いようです。

予防接種

任意の予防接種は高価なものですので、児童手当を使用する、という家庭は多いです。

子ども関係の生活用品

オムツやミルク、洋服、その他雑貨品に。

赤ちゃんは身一つで産まれてきますから、一からすべて揃えなければならず、お金がかかりますよね。特に消耗品は生活するために必要不可欠なものですから、児童手当の目的に最も適した使い道かもしれません。

投資

2016年よりジュニアNISAがスタートしたことも手伝って、児童手当を投資に利用する家庭が増えているようです。株というと一部の社会的地位の高い人たちが行っているイメージが強かったのですが、徐々に一般的な資産運用として定着してきていますね。

子どものお小遣い

小学生になると、だんだんとお金の使い方を学ぶ年齢になってきます。

毎月お小遣いをいくらと決めて、自分で考えながらお金のやりくりをするのは将来的にも大切な経験になります。

子どものお小遣いとして児童手当を使用することは、単なる遊興費としてだけでなく「お金の勉強」の教育費としても捉えられます。

まとめ

児童手当の使い道は、家庭によって様々です。子どもの健やかな成長、健全な育成に役立つと考えられることであれば、何に使っても良いのです。

なんとなく、教育費や貯金に使うべきかな・・・と考えがちですが、子どもにめったにない経験をさせてあげたいと言うのであれば、海外旅行の足しにしても良いですし、夏休みに家族で使うキャンプ用品を買ってもいいでしょう。

一般的な考えにとらわれず、パパとママが子どもの成長に役立つと考える使い方をしてくださいね。