産休、育児休暇を取って子育てに専念したから、さあそろそろ仕事復帰!でも保育園のお迎えもあるし今までと同じ時間では働けない・・・パートに変える方がいいのかな?

とお悩みのママは多いと思います。

正社員をやめなくても、時間を短縮して勤務できる制度が、時短勤務です。うちの会社にそんな制度あるの? いつまで使えるの? という時短勤務にまつわる疑問にお答えします。

時短勤務(短時間勤務制度)とは?

時短勤務とは、正社員としての立場を残したまま、今までよりも勤務時間を減らして会社に勤務できるという制度です。改正育児・介護休業法に定められた制度ですので、条件を満たせばだれでも利用することができます。また、企業オリジナルの時短勤務制度を定めている会社もあります。

時短勤務を利用する条件とは?

原則として、時短勤務を利用するには満3歳までの子どもを養育していることが条件となります。

会社側は時短勤務制度利用者の就業時間を1日6時間までとする必要があります。

例えば通常の勤務時間が9:00~18:00(休憩1時間を含む)だった場合は、9:00~16:00で2時間短縮です。

ただし、入社してから1年以内だったり、業務の性質上時短が困難だったりする場合は、時短勤務制度が利用できない場合もありますので注意が必要です。時短勤務制度が利用できなかったとしても、会社側には労働者が子育てをしながら働くことを容易にするような措置をする義務があります。

また、時短勤務制度を利用できるのは正社員だけではありません。契約社員やパートタイマー勤務であっても、1日6時間以上で週3日以上の労働をしていれば適用されます。

給料はそのまま?それとも下がる?

気になるのが給与ですが、これはほとんどの会社で働いていない時間分は払わないという措置を取っています。勤務時間が減った分だけお給料も下がる、というのは妥当と見なされ、賞与や退職金の算定においても時短勤務分を差し引いて計算されることになります。

注目すべきは社会保険料です。

時短勤務によって給与が減ると、その分保険料の支払い額も下がります。しかし、将来の年金受給額の算定については、時短勤務利用期間中も給与が減る前の金額を基に算出するという特別措置が設けられています。つまり、将来受け取る年金については、時短勤務を利用してもしなくても変わらないということです(自分からの申請が必要)。

注意したいのは、これは改正育児・介護休業法に基づく時短勤務を利用した場合にのみ適用されるということ。企業独自の時短勤務を利用した場合は、これに当てはまりません。

パートタイム勤務とはどう違う?

ここまでの説明でお分かりかと思いますが、時短勤務は雇用形態を変えることなく時間を短縮して勤務することができます。

つまり、正社員のままで8時間労働を6時間労働に減らして勤務することができ、福利厚生に変化はありません。

勤務時間が減る、残業ができない等の理由で大きなプロジェクト等には携わりにくくなるかもしれませんが、責任ある仕事を任される立場にあります。

一方パートタイム勤務の場合、正社員としての手当はなくなる代わりに勤務時間や日数に融通が利き、より子育てや介護に無理のない働き方ができます。

一般的に仕事に対して重い責任も与えられませんので、時間内に終わらなかったことは正社員に引き継ぐ等の対処も容易です。

子どもが満三歳を過ぎたら通常勤務に戻して正社員として働き続けたい場合は、時短勤務をおすすめします。

1日6時間でも働き続けるのが難しい場合は、雇用形態をパートタイムに変えると良いでしょう。

時短勤務のメリット・デメリットは?

時短勤務制度を利用する最大のメリットは、雇用形態を変えずに働き続けることができるという点です。

働くママにとって夕方の2時間は大きいですよね。

通常だと18時までだった勤務時間が16時になることによって、子どもを預かり時間の最後まで待たせなくて済みますし、夕飯をゆっくり食べさせてあげることができます。

ただし、子どもが満三歳になるまでですから、それ以降は勤務時間を戻さなければなりません。

その時に通常勤務時間に戻して働き続けられるかどうか、企業独自の時短勤務を利用できるかどうかは、家庭で、また会社で要相談となります。

また、雇用形態が変わらず正社員として働き続けられることで、福利厚生に変化はありませんし、将来の年金受給額に変化もありません。

時短勤務中でも、やはりもっと仕事に深く携わりたいというのであれば、すぐにフルタイムに戻すこともできます。

一方、時短勤務利用者によくあるお悩みは、

  • 残業できないので休憩がとれないほど忙しくなった
  • 仕事が残っているのに他の人より早く帰らなければならず申し訳ない
  • それまでと違い責任ある仕事を任せてもらえない
  • 時短勤務に対する周囲の理解がなく、白い目で見られがち
  • キャリアアップに影響がないか心配

というもの。

やはり企業によっては時短勤務を取り入れ慣れていないため、周囲の目が冷ややかな場合もあるようです。

最後に

時短勤務は正社員として責任ある仕事をしながら子育ての時間も取ることができる、働くママにとって強い味方となる制度です。

体力的、精神的に無理なく働くためにも、フルタイム、時短勤務、パートタイムのメリット・デメリットを知って、ライフスタイルに合わせた働き方を選ぶことが大切です。