ジョイントマットって知っていますか?四方がパズルのように凹凸になっていて、互いにつなげ合うことで大きさを変えられる手軽なマットのことです。サイズや素材、厚み、色、価格など販売店によってさまざまで、使用する場所に合わせて選ぶことができます。多くのシーンで選ばれているジョイントマット、その魅力に迫ります。

ジョイントマットは何でできているの?

ジョイントマットの材質の多くは、サンダルなどによく使用されるEVA樹脂かPE(ポリエチレン発砲体)といった、弾力性のある柔かいものです。ジョイントマットの一つにコルクマットがありますが、これはEVA樹脂かPEの表面にコルクが張り付けてあるものです。

コルク100%というものもあるにはありますが、お値段が相当張ります。サイズは通常30cm×30cmで、倍ほどある大判サイズもメーカーによっては販売されています。

フローリングのお悩みを解決!コルクマット8つのおすすめポイント

厚さは大体1cm~1.2cm。中にはもっと厚手のものもありますが、量販店でジョイントマットとして多く販売されているものの多くはこの厚みです。差はたった2mmなのですが、この2mmが使用感を大きく左右しますので、何のために敷くのかをよく考えて選ぶ際の指針にすると良いでしょう。

色柄は幅が広く、部屋のテイストに合わせて選ぶことができます。木目調のもの、シンプルな1色のもの、かわいい絵柄のもの、動物や数字のパズルになっているものとさまざまです。よく見かけるのは2色セットで販売していて、市松模様のように敷いて使用するタイプです。

赤ちゃんがいる家庭に最適!

一昔前は畳の部屋が当たり前でしたが、今は大多数の家がフローリングの床ですよね。フローリングは掃除が容易でカビも発生しにくく、大人が住むには良いのですが、ハイハイやずりばい、おすわりといった、行動範囲が低い位置の赤ちゃんが過ごすには向きません。そこで活躍するのがジョイントマット。枚数を変えることで大きさが自在ですし、場所を選びません。掃除も簡単で、ホコリが溜まりにくいのも魅力の一つ。

赤ちゃんには清潔な部屋で過ごしてもらいたいですから、大人だけで暮らしていた頃よりも頻繁に、または念入りに掃除をすることになると思います。そういった場合に、なるべく掃除が苦にならない部屋作りができるのはありがたいですよね。

また、赤ちゃんはおすわりができるようになっても、頭が重たいのでバランスが悪く、すぐに前や後ろにひっくり返ります。フローリングなど硬い床の上に倒れて打ち所が悪いと大事故につながる恐れがあります。つかまり立ちをし出した赤ちゃんにも油断ができません。赤ちゃんが倒れたり転んだりすることは防ぎようがないので、転んだ時にケガをしないような対策が必要になります。その対策として、厚手のジョイントマットは頼りになります。

子どものプレイマットとして

ジョイントマットは、部屋全体に敷き詰めず、その場所だけに敷いて使用できる点でも優れています。広い部屋の一角を子どもの遊び場として使用する際にも便利です。何より、子どもから見ても遊ぶ場所がわかりやすく、エリア分けがしやすいので部屋全体が散らかりにくくなります。何も目印がない状態で、ここからこっちにはおもちゃは持ってきちゃダメよ、と注意しても子どもにはわかりません。

おもちゃで遊ぶならこのマットの上にしてね、と言った方が指示が明確でわかりやすいですし、カラフルなマットや楽しい絵柄のマットが敷いてあれば、そこが自分の場所だというのが小さな子どもにも感覚的につかみやすいです。もしも落書きをしたり、汚したり、おもちゃを落とす、投げるなどして傷をつけたりしてもその部分だけ取り換えればいいので、経済的です。フローリングのダメージ防止にもなりますよ。

赤ちゃんがいても部屋をおしゃれに保ちたい!インテリアに合ったプレイマットを選ぼう

ジョイントマットを使用する際の注意点

ジョイントマットは部分的に手軽に使用できて経済的な優れものですが、使用する場所には注意が必要です。ジョイントマットに使用されているEVA樹脂は、防水性に優れていて水やジュースをこぼしても染み込むことがなく、拭けばすぐに乾きます。抗菌をうたっており、赤ちゃんにも安心して使用できるというものもあります。

ただし、使い方によっては湿気を溜め込んでカビの原因になってしまいますので、要注意なのです。ジョイントマットにカビが生えやすくなる主な条件は以下の通りです。

  • フローリングに長い間敷きっぱなし
  • 畳の上に敷いている
  • ジョイントマットの上に布団を何日も敷いている
  • キッチンに敷いている
  • 風呂の脱衣所で使用している

ジョイントマットは耐水性に優れていますが、湿気が逃げる場所がないと裏側などにカビが繁殖してしまいます。長く敷いているとそれだけ同じ場所に湿気が溜まりますから、カビも生えやすくなります。また、布団は寝ている間の汗を吸って湿りがちですから、布団を敷きっぱなしにするとやはり表面にカビが生えてくることがあります。キッチンや脱衣所は湿気が多い場所なので、敷きっぱなしにするのではなく使用するときだけ敷くといった工夫が必要です。

ジョイントマットは手軽に使用できて経済的、防水・抗菌効果で赤ちゃんにも安心といった優れたアイテムですが、使い方によってはカビが生えやすいものでもあります。数日に一度は取り外して立てかけておく、枚数が少なければ使わないときは片付けるといった手間をかけてあげることで、長く、安全に使用することができますよ。