寒い時期になると、悩まされるのが肌の“乾燥”。特に、普段から水仕事をすることが多い仕事の方や主婦は、指がひび割れたり、あかぎれになったりと、痛みでお困りの方も多いのではないでしょうか。そんな手荒れの対策としてハンドクリームは定番です。

しかし、「手荒れに効果がある」とされるハンドクリームも、「イマイチ効果が感じられない」ということはないでしょうか。その原因は、もしかすると、自分に合ったクリームを選べていない。からかもしれません。自分に最適なハンドクリームの選び方について紹介していきます。

手荒れの程度によるハンドクリームの違い

「ハンドクリームの効果はどれも同じなのでは?」と思っている方もいるかもしれませんが、さまざまなタイプがあるので、手荒れの症状や目的によって選ぶ必要があります。

手荒れの予防対策には「ワセリン」

ワセリンには、手荒れを改善したり緩和したりする成分は配合されていませんが、肌に膜を張って乾燥から守る効果があるので、手荒れの予防になります。また、赤ちゃんにも使えるほど低刺激なので、どなたでも安心して使うことができます。

軽い手荒れには「高保湿ハンドクリーム」

「手に潤いが足りないな」という程度の軽い手荒れには、保湿力の高いハンドクリームがおすすめです。高保湿ハンドクリームには、「ヒアルロン酸」や「セラミド」などの保湿成分が含まれており、肌の角質層の深くまで溶け込みます。そのため、肌の表面の水分不足から守るだけでなく、肌の奥にまで潤いを与える効果があるのです。

ひび割れやあかぎれを起こしたら「ビタミン系ハンドクリーム」

手の指にひび割れやあかぎれがある場合は、ビタミン系ハンドクリームが最適です。クリームにビタミンが配合されていると、血行を促進する効果がありターンオーバーを促すので、手荒れを改善させることができるのです。

また、ビタミンEやビタミンCを配合しているものは、末梢血管の血行を促すので、指先の冷えも改善しますし、美白や美肌効果もあるので、美しい手を保つ効果も期待できます。ビタミン系のハンドクリームは、血行を促進することで効果が上がるので、肌に丁寧に塗り込むように使いましょう。

手荒れがひどい場合には「尿素配合」

手荒れがひどくて皮膚が硬くなってガサガサとした状態の場合は、尿素が配合されているハンドクリームを使うことをおすすめします。尿素は、たんぱく質を分解する効果があるので、硬くなった角質を柔らかくしてくれます。

しかし、尿素配合のクリームは正しく使わないと、逆に、痒みを引き起こしたり、手荒れを悪化させたりしてしまうので、使い方には注意が必要です。まず、尿素配合のハンドクリームは、手荒れがひどい場合に向いていると言っても、指のひび割れやあかぎれなどのある方には向いていません。尿素はたんぱく質を分解して肌を柔らかくしますが、使い続けると肌のバリア機能が低下してしまうので、ひび割れやあかぎれには良くないのです。それに、尿素は刺激が強いので、痛みを伴うおそれもあり、敏感肌の方にも合わないことがあるので気を付けましょう。

このことから、尿素配合のハンドクリームは、手肌のひどい乾燥の緩和や硬くなった角質の除去には効果的ですが、使い続けると逆に肌荒れの原因になってしまうので、症状が良くなったら、他のクリームでケアしましょう。

効果的なハンドクリームの使い方

自分に合ったハンドクリームがわかったところで、正しいクリームの塗り方を知って、ひび割れやあかぎれを防いで、いつもすべすべの美しい手を保ちましょう。

化粧水で保湿

顔のスキンケアでは、クリームを塗る際は、まず化粧水を先に塗りますよね?手のケアも同じで、ハンドクリームを塗る前に、化粧水で保湿ケアを行うことをおすすめします。

化粧水は普段のスキンケアで使っているもので良いです。お風呂上りには顔に化粧水を付けると思うので、その流れで手にも塗って、ハンドクリームを塗るようにしましょう。また、手は水に触れると常に乾燥するので、お風呂上りだけでなく、水を使った後はケアするようにしましょう。

手を温めておく

肌が冷えていると、クリームの美容成分が十分に浸透しません。そのため、ハンドクリームを塗る際は、手をこすり合わせたり包み込んだりして、手をよく温めておきましょう。

手の甲を重点的に

一度に塗るハンドクリームは、サクランボ大くらいの量で、チューブタイプのものなら3~4cm程度が目安です。まずは、クリームを手のひらにのせて、両手をこすって伸ばします。そして、手のひらで反対の手の甲を包むようにして、乾燥しやすい手の甲の全体にもクリームがなじむようにしっかりと塗ります。手の甲は重点的に塗る必要がありますが、力を入れてゴシゴシとこすると、手荒れがひどくなったり肌トラブルの原因になることがあるので、優しく塗り込みましょう。

クリームが手の内側と手の甲に行き渡ったら、両手の指を重ね合わせて、指の間にもクリームが浸透するように両手を動かします。また、皮膚のシワに沿って塗っていくと、クリームの保湿剤が浸透しやすくなります。さらに、爪の周りやひび割れしやすい関節部分にも、丁寧に塗り込んでください。

自分の手荒れの程度や症状に合わせて最適なハンドクリームを選び、正しいクリームの使い方を守れば、手荒れに悩んでいる方も、きっとみずみずしくてきれいな手を取り戻すことができますよ。

ハンドクリームでもダメだった方へ

私は院内の仕事なのでハンドクリームで事足りるのですが、訪問リハビリの仕事をしている友達は、いくらケアしてもハンドクリームではダメで、今では以下のようなコーティングをしてしまう商品を使っているようです。

高いですが、どうしてもダメだった方は試してみてくださいね。

ガードバリア