赤ちゃんが誕生してから、母乳育児に慣れるまで個人差はあるものの、ある程度の時間が必要です。

初心者の二人が共同作業で進めていくことですから、時間がかかるのは当然といえば当然のことです。

けれども、コツを得ると授乳が楽しくなってくるママもたくさんいます。授乳の間、瞳を大きく見開いてママの顔をじっと見つめる赤ちゃん、気持ちが良いのかウトウトし始める赤ちゃん。

何気ない授乳の一瞬一瞬が、ママには大きな幸せであったりするものです。

しかし、何事も始まりがあれば終わりもやってくるもので、授乳生活にも終わりを告げる日が必ずやってきます。

果たしてその日はいつなのか、また、どのようにしてやってくるのか。ここでは、特に断乳についての目安となる時期、具体的な方法について紹介します。

いつまでおっぱいをあげたらいいの?

母乳育児に慣れてくると、いつまで母乳をあげるのかが気になってきます。
昔は、赤ちゃんが離乳食を食べるようになったらおっぱいをやめるのが一般的だったようです。

女性が子供をたくさん産む時代には、必然的にそうせざるを得なかったという事情もあるかもしれません。

現代では、女性のライフスタイルも多様化していますので、次の妊娠に備えてであったり、仕事復帰であったり、おっぱいをやめる理由も三者三様です。

ところで、赤ちゃんがおっぱいとお別れをすることを、断乳や卒乳と表現していますが、断乳と卒乳では少し意味が違います。

断乳は、赤ちゃんはまだおっぱいを欲しがっている状態ですが、ママが主導でやめることです。

卒乳は、赤ちゃんが自分からもう欲しがらなくなること、または親子で話し合ってやめることです。

一般的には離乳は大人と同じものが食べられるようになってからの1歳半頃が目安とされています。

しかし、これはあくまでも目安であって1歳半より遅い場合も、早い場合もあり、人それぞれといえます。

離乳食で赤ちゃんが栄養をとれるようになったら、授乳は必要ないのではと言われることもありますが、赤ちゃんにとっての授乳は栄養をとる意味だけではありません。

その他にも安心感を得られるという情緒安定効果も大いにあります。

なので、いつまでに卒乳しなければいけないということはありません。
授乳を通しての、ママとのスキンシップは、赤ちゃんに幸福感と安心感を与えます。

赤ちゃんとママが続けたいと考えているなら「何歳になったから」「離乳食が定着したから」等の理由で無理にやめる必要はありません。

断乳を選択する場合、断乳時期の目安

仕事復帰等、ママの方の事情で断乳を決断する場合ももちろんありますが、断乳するのはいつ頃が良いのでしょうか。

目安としては、赤ちゃんが離乳食を3食とも食べて、硬いものも食べられるようになり、一人歩きもできるようになってからといわれます。

これを見る限り、早くても10カ月~1歳くらいが目安となるでしょう。

この他にも、保育園に行きはじめであったりすると、子どもは大きなストレスを感じ、断乳に苦戦する場合もあります。

また、夏場の暑い時期は水分を多く必要としますので、これも避けるほうが無難です。

断乳をするには、赤ちゃん側だけでなくママの体調も考慮して進める必要があります。

断乳後は、適切なおっぱいケアが必要ですから、現時点でおっぱいトラブルがなく、体調の良い時を選びましょう。

ちなみに、断乳後のおっぱいケアの方法としては、断乳直後はおっぱいを温めないようにします。

おっぱいが張ってしまって痛いときには、冷やすとだいぶ楽になります。
濡れたタオルを当てて冷やす等の対処をしてみると良いでしょう。

痛いからといって搾乳してしまうと、また新しい母乳が作られてしまいますので、なるべく我慢し、どうしても痛いときだけ少し搾ります。

しかし、個人の判断だけで適当に対処すると、乳腺炎等のおっぱいトラブルにつながる可能性もありますので、母乳外来に相談して上手なケアをしていきましょう。

断乳はどうやってしたら良いのか?

断乳するにはまず、断乳計画を立てましょう。

3日間母乳を与えない日をあらかじめ決めておきます。断乳を実行するには家族の協力が不可欠です。

家族と相談して、最適な日を選択してください。

また、前にも少し書きましたが、夏場の水分をたくさん必要とする季節や、冬も避けた方が良いでしょう。冬は風邪が流行する季節ですので、ママが体調を崩しやすいからです。

よって、季節としては、春や秋が良いのではないでしょうか。

断乳日を決めたら、子どもに報告します。

「何日にバイバイしようね」「あと何日したらおっぱいとさよならだね」

等、子どもにも言って聞かせましょう。

ただし、これはママが言って聞かせて子どもがわかる年齢にならないとできません。
1歳~1歳半くらいならママの言うことも理解できるかと思います。
この時に、なぜやめなければならないかの理由も一緒に伝えてあげると子供がすんなり納得してくれる場合もあります。

断乳の日を迎えたら、朝たっぷり母乳を与えた後、3日間は与えません。

なぜ、3日なのかというと、3日も経てば赤ちゃんも忘れてしまうことが多いからということです。

しかし、これにはかなり個人差もあって、中には1週間以上泣く子もいるようです。

泣いているわが子をみると、親としても心苦しいものですが、断乳は一度失敗すると次の挑戦がさらに大変になります。

一度決断したのなら強い意志で行いましょう。

家族に協力してもらい、お散歩に連れて行ったり、おばあちゃんおじいちゃんに遊んでもらったりと赤ちゃんの気を紛らわすことも有効です。

まとめ

断乳は大人の都合によるものです。赤ちゃんにとって一番大好きなものが取り上げられてしまうショックは大きいことでしょう。

断乳後は積極的にスキンシップをとって、赤ちゃんに安心感を与えてあげることを忘れないでください。