母乳不足で悩むママが多い中、おっぱいが出過ぎて困っているママも意外と多いことがわかっています。

一見、贅沢にも聞こえる母乳が出過ぎる悩みですが、これは思っている以上にママや赤ちゃんに負担がかかっていることをご存知でしょうか。

そこで今日は、母乳分泌過多症になる原因やリスク、その対処法について調べてみました。

なぜ母乳が出過ぎるのか

出産を機に、女性の身体は自然と乳房から母乳が出てくる仕組みになっていますが、作られる母乳の量が赤ちゃんの飲む量よりはるかに多くなってしまっていることを「母乳分泌過多症」と呼びます。

基本、赤ちゃんが新生児などでおっぱいの飲み方がうまくなかったり飲む量が少ない時には、おっぱいの需要と供給が合わずに母乳が余りがちになるものですが、母乳分泌過多症とは月齢が進みたくさんおっぱいを飲めるようになった赤ちゃんでも飲みきれずにいつまでたっても乳房に母乳が溜まっている状態を指します。

母乳過多の原因としては、乳腺の発達が良すぎる、過度な搾乳、乳房を左右交換させるタイミングが悪いなどが挙げられますが、他にもオキシトシン反射が強く出たため急激に分泌されたおっぱいの出るスピードに赤ちゃんがついていけなかったり、ママの甲状腺に何らかの疾病がホルモンの異常分泌を引き起こし、それが原因で母乳が過剰に分泌されている可能性もあります。

もしかしたら母乳過多症!?

おっぱいが出過ぎて悩むママの症状は様々ですが、一番わかりやすい目安として「母乳パッドを1時間に一度は取り替えないといけない」と言う場合は、母乳過多の可能性があります。

その他にも、たくさん飲ませたにも関わらず乳房が固く張っている、授乳中に反対側の乳房から母乳が溢れる、授乳後なのに残乳感がある、乳頭に痛みや白い粒が出る、乳腺炎を繰り返すなどの症状がある場合も、判断材料の目安となります。

また、赤ちゃん側から判断できる症状としては、頻繁におっぱいを欲しがる、ぐずって落ち着かない、授乳中にむせたり乳首を強く噛んだり引っ張る、排便回数が多くゆるめで緑色をしている、体重の増え方にバラつきがあるなどです。

母乳が出過ぎると起こるリスク

母乳が出過ぎると乳腺炎になりやすく、これはママの乳房に大変つらい痛みをもたらします。

作られ過ぎた母乳が乳房に残ることでおっぱいが詰まり、張りや痛みだけでなく発熱による体調不良に陥る場合もあり、ひどい場合には病院での切開手術を要する場合もあります。

※関連記事:乳腺炎を防ぐ乳房マッサージと乳腺炎の症状別対処法

また、母乳の出過ぎにより赤ちゃんは苦しくなって、上手に乳首に吸いつくことができなくなります。

その結果、赤ちゃんは乳首を適切な位置からくわえないだけでなく、浅い場所から激しく吸いつくようになるため、乳首や周辺に負担がかかり切れやすくなるのです。

その他にも、人工のミルクとは違い、母乳の成分は常に一定しておらず授乳の最初の方は脂肪分が少なめで、終わりの方は豊富な脂肪分の母乳が出ることがわかっています。

母乳過多になると、赤ちゃんはすぐにお腹がいっぱいになってしまうため、水分が多く脂肪分の少ない母乳しか摂取できていないことになります。

そうなると、たくさん飲んだ割には必要なカロリーが取れないままなので、思うように赤ちゃんの体重が増えてくれません。

また、脂肪の少ない母乳は、胃の中の滞在時間が短く、それを急いで消化しようとたくさんの乳糖が小腸に流れ込んで行くのですが、これが乳糖過負荷の原因となり赤ちゃんの身体にダメージを与えてしまいます。

乳糖を消化しきれない状態の赤ちゃんは、お腹が苦しいので寝つきが悪くなったり、ガスが溜まりやすくなるためおならやゲップを頻繁に出したり、緑色や水っぽいウンチが出ることもあります。

母乳の分泌量を抑える方法

授乳間隔に注意

授乳間隔の空けすぎはおっぱいが詰まる原因にもなります。

目安としては、昼間は4時間、夜は長くても5時間以上は空けないようにしましょう。

特に新生児期は3時間以上空けると危険ですので、絞ってください。

高カロリーな食事は避ける

カロリーの高い食べ物や糖分の多い飲み物は、母乳が過剰生産されてしまいます。

授乳期はエネルギーがいるため、こってりしたものや甘いものを身体が要求してきますが、脂肪や糖分は乳腺を詰まりやすくさせることがわかっています。

なるたけ野菜中心の食事を摂るようにして、母乳が出過ぎている時期は水分や白米も多少セーブする必要があります。

ハーブティーで分泌を抑える

セージ茶やカモミール、ペパーミント茶と言ったハーブティーには母乳の分泌を抑える働きがあります。

ただし、温かくして飲むと余計に張ってしまうことがあるため、冷たくして飲みましょう。

※関連記事:妊娠中でもOKな妊婦に優しいハーブティーで心も身体もリラックス

おっぱいを絞り切らない

基本、おっぱいは絞り切った方が良いと言われていますが、絞れば絞るほど母乳は分泌されてしまいます。

出過ぎでお困りの場合は、ある程度乳房に残した状態にしておきましょう。

ちなみに、搾乳機を使うと母乳が詰まってしまうこともあるため、使用は控えた方が良さそうです。

身体を温め過ぎない

乳房が張って痛い時は、入浴時は長湯をせずにシャワーで済ますことをおすすめします。

母乳が出過ぎている時は血行をよくしないように努める必要がありますが、逆に冷やし過ぎると乳房の張り返しや乳腺が詰まるので注意しましょう。

左右交互に授乳

授乳の際は、片方の乳房だけでなく両胸を交互に使うようにしましょう。

目安としては、1回の授乳で片方の胸で5分ずつの計10分です。

まとめ

母乳過多は、母乳不足に比べて「贅沢な悩み」と捉われがちですが、母乳が出過ぎるのは乳腺炎や赤ちゃんの成長にも影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

とはいえ、赤ちゃんも授乳に慣れてくると飲み方も上手になってくるため、ちょうど良い量の母乳が作れるようになります。

赤ちゃんにとってママの母乳や笑顔は成長の糧であり、無くてはならないモノでもあるのです。

だからこそ、母乳の量にあまり神経質にならずに、赤ちゃんとのスキンシップを思う存分楽しんで行きましょう。