赤ちゃんは多くの栄養素を母乳から摂取しており、母乳の出が悪いとママも心配になってしまいますよね。実は母乳の出が良くなるお茶があることをご存知ですか?母乳育児をしているママに嬉しいお勧めの飲み物や飲み方をご紹介します。

母乳の出が良くなるコツ

母乳は母親の血液がもととなり作られるため、食事の内容や口にするものを意識することが大切です。母乳の出は個人差があり出が悪く悩むママも少なくありませんが、工夫次第で母乳の出を良くすることは可能です。

基本知識として、母乳が出なくても赤ちゃんにおっぱいを1日に何度も吸ってもらうこと、睡眠不足とストレス解消のために昼寝をすること、乳管を開通させるおっぱいマッサージを行うこと、これが大切です

そして外せない重要なコツは水分をたくさん摂ることです。母乳の99%は水分、ママが体を維持するためにも水分は不可欠ですから単純に二人分の水分を摂取する必要があります。授乳中のママが摂取したい水分量は食事以外で3リットル、夏は5リットルが目安です。それだけの水分を摂りそれが母乳となるのですから、水分は出来るだけ体に良いものを選びたいですよね。母乳の出が良くなるお茶を選ぶようにすれば少しずつ出る様になります。

母乳の出が良くなる一番人気のお茶は?

母乳の出が良くなるお茶で多くのママに支持されているのはタンポポ茶です。ノンカフェインで香ばしいコーヒーのような味がすることから妊活中、妊娠中に飲んでいた人もいるかもしれません。タンポポ茶は実は母乳の出が良くなることで、授乳中のママにも高い人気があります。

タンポポ茶はタンポポの根から作られます。この根っこは蒲公英根(ホコウエイコン)という漢方として東洋医学では古くから使われていました。毛細血管の血流を促進し血中コレステロール値を下げる作用があります。そのため血液がさらさらになり、冷え性の改善が期待できるのです。

母乳は血液から作られますので血液の質を良くすることが大切で、血液に良いものを意識的に取り入れることが大切です。

またホルモンバランスを整えることで卵巣の機能向上も期待でき、二人目の赤ちゃんを望むママにもピッタリ。タンポポ茶は母乳の出が良くなるだけでなく、母乳が出過ぎでおっぱいがすぐに張ってしまう人にもお勧めで、乳腺炎の予防にもなるため、授乳中のママには最適のお茶と言えます。

タンポポ茶はその独特の苦みを楽しむのも良いのですが、牛乳や豆乳を加えるとカフェオレのような味わいになります。特に豆乳は大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンに近い働きをしながらも低脂肪で美味しく、授乳中に摂取するママも多いですよね。しかし牛乳や豆乳は母乳の出が良くなる飲み物として有名ですが、乳腺が詰まりやすくなるため要注意。タンポポ茶に加える程度、1日200ccほどにとどめておくと良いでしょう。

他にもこんなお茶がおススメ!

母乳の出が良くなるお茶として人気のあるお茶は他にもあります。

例えばごぼう茶。ごぼうには万能薬と言われる朝鮮ニンジンにも多く含まれている「サポニン」が含まれています。毛細血管を広げ血流を良くすることから冷えの解消、またサラサラで良い質の母乳を作り出す効果が期待できるのです。また水溶性の食物繊維が豊富で、腸内環境を整える作用もあります。

次にルイボスティー。こちらもノンカフェインで体に優しいお茶として老若男女問わず人気のお茶です。ルイボスティーの特徴はなんといってもその栄養価の高さ。カルシウムやマグネシウムなどミネラルを豊富に含んでいるため母乳の質を良くするには最適のお茶です。老いや病気の元となる体内の過剰な活性酵素の働きをセーブする作用があり、アンチエイジングの効果もあります。母乳だけでなく、美容にも効果があるのは嬉しいですよね。

ちょっと注意したいハーブティー

母乳をあげている間はコーヒーなどを控える代わりにハーブティーを飲む人も多いでしょう。ハーブティーは香りが良くリラックス効果が高く多くのママに支持されていますが、注意したい点があります。ハーブティーの中にはカフェインが多く含まれているものもあるため、ノンカフェインのものを選ぶと安心。授乳期のママにはお勧めしないハーブもあるため、気になる人は購入前に確認すると良いですね。

例えばセージは母乳の出を押さえる作用があり、母乳過多のママにおススメのハーブです。母乳の出が良くなるハーブはフェンネル。カレーなどに使われる香辛料ですが、母乳を作り出す働きが期待できるため、母乳育児用のブレンドティーには必ずと言ってよいほど含まれています。

お茶に飽きたら…小腹を満たすこんなものも

いくら母乳の出が良くなるお茶と言っても毎日飲み続けるとちょっと飽きてしまうことも。しかも授乳期はすぐにお腹が空いてしまうため、小腹が満たされるものも口にしたくなりますよね。そんな時は野菜たっぷりのスープを飲みましょう。根菜がたっぷり入ったけんちん汁や具だくさんのコンソメスープはおやつ代わりにもなります。

また甘いものを口にしたくなったら甘酒を飲みましょう。米こうじから作られているものを選べばアルコールは含まれないため安心。栄養価が高く、母乳の質が良くなりますよ。

母乳の出を良くするためには、お茶をはじめとにかくたっぷりと水分を取りましょう!母乳が出ないことをストレスに感じるのはNG。リラックスした状態で美味しくお茶を飲めるといいですね。