普段はお通じの良い人でも、妊娠中に限って頑固な便秘に悩まされるケースは少なくありません。しかし、お腹に赤ちゃんがいる状態では便秘薬を飲むわけにもいきませんよね。どのようにすれば、スムーズに排便できるようになるのでしょうか?

プレママが便秘になると考えられる主な原因や、その対処法についてご説明します。

プレママの便が硬くなってしまう理由

つわりによる食事量の減少

つわりのあるうちは、食べ物のにおいに我慢できなかったり、あっさりしたものを少ししか食べられなくなったりして、普段より食事量が減ります。すると、便の量自体も減ってしまうので便秘になりやすくなるのです。吐くことが多い人なら、水分が足りずに便が硬くなってしまうことも考えられますね。

ホルモンバランスの変化

妊娠すると「プロゲステロン」と呼ばれる黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。これは女性ホルモンの一種なのですが、子宮内膜をふかふかの状態に保ったり、乳腺を発達させたりする作用がある他、流産の原因となる子宮の収縮を抑える働きもする重要なものです。

しかし、子宮の収縮を抑える時に「平滑筋」と呼ばれる筋肉の収縮も抑制してしまうので、食べた物を肛門へ送り出す力が弱まってしまいます。そうして便が外へ出られない状態が続くうちに、水分だけが腸壁に吸収されて便が硬くなるのです。

トイレで力を入れられない

トイレで便を出そうといきむと、お腹が張ってカチカチに固くなってしまいますよね。たまになら良いのですが、この状態が何度も続くと流産や早産を引き起こす可能性が出てくるので危険。つい便意があっても我慢してしまい、カチカチの便になってしまいます。

運動量が減る

プレママはお腹が出て体を動かしにくいし、赤ちゃんへの影響が気になって運動を控える人も多くいます。しかし、運動量が足りないと大腸へ刺激が行かないので、蠕動運動が弱まって便が出にくくなるのです。

プレママの便秘を解消するための方法

食物繊維たっぷりの食事を取る

よく「便秘を解消するには食物繊維が大切」と言われますが、食物繊維には水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と、水に溶けやすい「水溶性食物繊維」の二種類があり、この2つをバランスよく摂ることで便秘を解消する力が強まります。

不溶性食物繊維は、穀類、野菜、豆類などに多く含まれており、腸内で水分を含んで腸壁を刺激することでその働きを活発にします。しかし、こればかりを摂っていると便が硬くなってしまうので、便を軟らかくする作用を持つ水溶性食物繊維も一緒に摂るようにしましょう。

 

 

水溶性食物繊維は、こんにゃく、海藻などに多く含まれており、水溶性1:不溶性2の割合で摂るとバランスが良くなります。

 

 

適度な運動を心がける

プレママはあまりハードな動きをするのはよくありませんが、近所を散歩したり、日常的な家事をこなしたりする程度なら特に問題はありません。お腹が張ったら少し休憩するようにしながら、自分が心地良いと思える程度の運動を続けましょう。

マタニティヨガやマタニティビクスなど、妊婦さんのために考案された運動をするのもおすすめです

 

 

専門のインストラクターがついているから安全だし、妊婦仲間の友人ができてマタニティ・ライフがもっと楽しくなりますよ。

こまめに水分を取る

つわり中はあまり水分も取れないかもしれませんが、飲みやすいものをほんのひと口でも良いので、こまめに水分補給するようにしましょう。プレママにおすすめの飲み物は、カフェインを含まず栄養価が高いもの。次のような飲み物を、体の冷えを防ぐため常温~ホットで飲むようにしましょう

ルイボスティー

抗酸化作用が高く、鉄分やカルシウムなど妊娠中に欠かせないミネラルも豊富に含むお茶。独特の香りが気になる時は、常温まで冷ましましょう。

たんぽぽ茶

ビタミンやミネラルを豊富に含み、利尿作用でむくみを解消してくれます。母乳の出をよくする効果もあるので、産後にもおすすめ。

頑固な便秘が続く時は、早めに産婦人科で相談を

上記で紹介したような方法を試しても便秘が解消されない時は、早めにかかりつけの産婦人科で相談しましょう

 

 

無理して硬い便を出そうとすると痔になってしまうし、腸内にいつまでも便が残っていることで肌荒れや体調不良を引き起こすので、妊娠中でも使えるマイルドな効き目の薬を処方してもらうのです。

市販の便秘薬や浣腸は刺激が強すぎて流産・早産の危険性が高まるので、絶対に自己判断で使用しないでくださいね

 

 

排便はリズムを整えることも大切

便秘になりやすい人は、排便のリズムが整っていない場合が多いものです。本来であれば、毎日決まった時間にトイレに座るようにすれば便がスムーズに出るのですが、忙しくてついトイレに行きそびれたり、我慢してしまったりしているうちに、脳に「排便したい」という信号が行かなくなり、腸内に便が溜まっているのにも関わらず便意が起こらないといった現象が起こるのです。

最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、毎日時間を決めてトイレに座るようにしましょう。特に、交感神経が活発に働いて腸が緊張しやすい朝が効果的です。起きてすぐコップ1杯の水を飲むと、腸が動きやすくなりますよ

 

最後に

プレママの便秘を解消するには、食物繊維たっぷりの食事を取り、適度に体を動かすことが大切です。特に医師から安静の指示が出ていない限り、毎日運動するようにしましょう。ストレス解消にもなって一石二鳥ですよ。

また、あまりつらい時は、無理せず病院で相談することも大切です。自己判断で市販の便秘薬を使うことは流産や早産の原因になるので絶対にやめましょう