出産を控えたプレママの身体を悩ませている症状の1つに、「妊婦の便秘」があります。赤ちゃんがお腹にいるのは嬉しいけれど、妊娠をきっかけに便秘になるのは避けたいものです。便秘の悪化による痔の併発で、まさかのダブルパンチに悩むプレママも大変多いのだとか。

でも、どうして妊婦だからといって便秘になりやすいのでしょうか。

何か良い解決策があるのなら教えてほしいと嘆く妊婦の皆さん、今日はそんな疑問にお答えしていきたいと思います。

妊婦に便秘が多いのはなぜ?

 

妊娠により、女性ホルモンの分泌が活発になることで、妊婦は乳腺や子宮が大きくなると言った肉体面の変化だけではなく、イライラや不安な憂鬱感に陥いるなどと言った精神的影響も大きく出始めます。これはホルモンバランスの変化が自律神経に影響しているからなのですが、自律神経には胃や腸と言った消化器官の働きをコントロールする作用もあります。自律神経が乱れることは、消化器官の働きにおいても大腸の蠕動運動が弱まるなどの悪影響が起こり、それが便秘の悪化に拍車をかけることになるのです

また、つわりによる水分不足や運動不足、大きくなった子宮による腸の圧迫などが便通を妨げる原因にもなっています

そもそも、女性は便秘になりやすい

元々、女性は慢性の便秘になりやすいと言われています。スムーズな排便を促すためには腸の蠕動運動が必要なのですが、女性は男性に比べると筋力が弱く、力強い腸の蠕動運動が起こりにくいのです。

また、女性の骨盤が出産に備えて広くできていることも便秘の原因に挙げられます。女性の広い骨盤に腸が下がることで腸の形が不安定になり、結果蠕動運動を起こしにくくさせているのです。

妊婦の便秘症状が出始める時期

妊娠1か月を過ぎた頃から子宮が大きくなり始めますが、この頃から「もしかして便秘になったのでは」と感じる妊婦も多いのだとか。子宮がこぶし大からリンゴやグレープフルーツ程度の大きさになる妊娠3ヶ月の頃には、更に多くの妊婦が「確実に便秘になった」と実感するそうです。

妊婦にとって下剤はNG

妊婦の便秘には危険がいっぱいです。便秘の症状が悪化すると、子宮の圧迫を引き起こす恐れがあります。また、お腹が張って気分も優れない状態は、母体やお腹の赤ちゃんにも決して良い環境とは言えません。

でもだからといって、トイレで力強くいきむことは、妊婦とって良い方法ではありません。ましてや、下剤などの強い薬を飲むのはもってのほかです。下剤の中には子宮収縮作用を持つ成分も含まれており、早産や流産を引き起こす危険があるので、絶対に使用しないでください

オリゴ糖で妊婦の便秘を解決

今、妊婦も含めた女性の間で、しつこい便秘に効くと言われるオリゴ糖に大変注目が集まっています。オリゴ糖とはその名の通り糖分ですが、本来糖分と言うものは唾液で分解された後、更に小腸で分解・吸収されるので、大腸にまでは届かないのが現状です。

ですが、オリゴ糖は小さな糖が結合してできているので、小腸で吸収されることなく大腸まできちんと届き、腸内細菌であるビフィズス菌のエサとなってくれます。それにより大腸の蠕動運動も活発になり、排便機能が正常化されていくメリットに繋がっていくことが分かっています。

妊婦の便秘にはオリゴ糖が最適

オリゴ糖は、自然の成分を抽出して作られており、添加物や化学物質も入っていないため、母体や赤ちゃんにも大変安全です。そもそも、オリゴ糖はほぼ劣化をしません。ですから、酸化防止や保存料などの添加物は必要ありませんし、天然由来だからこそ副作用の心配も無く、安心して服用できるのです。

体重過多を気にする妊婦にも

多くのオリゴ糖のカロリーは、砂糖の半分程度であると言われています。オリゴ糖はカロリーが低いだけでなく、体内では消化されにくく取り込まれにくいので、カロリー制限のある妊婦にも大変おすすめです。また、オリゴ糖を使ったカロリーコントロールとして、産後ダイエットにも広く活用されています。

摂取量には注意

オリゴ糖には、腸内環境を整える効果があることが分かっていますが、過剰に摂取し過ぎるとお腹がゆるくなることもあるので注意が必要です。1日の摂取量は、各オリゴ糖によって多少の違いがありますし、他の食品にも多少オリゴ糖が含まれていることを考慮しながら摂取していきましょう。また、その日の体調や体質によっても量を少し減らすなど、自己管理してお使いください。

便秘以外にも健康効果のあるオリゴ糖

腸は第二の脳とも呼ばれています。人の免疫システムの大半は腸に存在しており、腸の機能が弱ると免疫力が落ちて、ウィルスや病気にかかりやすくなってしまいます。腸の動きを活発にしてくれるビフィズス菌を増やすことで、便秘だけでなくアレルギー体質や肥満、糖尿病を未然に防いでいきましょう。

最後に

いかがでしたか。妊娠中から腸内に善玉菌を増やし蠕動運動を活発させることは、出産や産後の肥立ちにも良い結果をもたらせてくれます。日頃から腸の機能を鍛えて、健やかな環境の中で元気に子育てに励んでいけると良いですね。最後にですが、オリゴ糖を選ぶ際は、複数ブレンドしてあるものを選びましょう。理由は、ビフィズス菌によって最適なオリゴ糖が微妙に異なるからですよ

妊婦や赤ちゃんも安心の話題のオリゴ糖