「妊婦=太くて当たり前」は過去の話。おばあちゃん世代にはまだまだ「妊婦なんだから二人分食べなさい」という人もいますが、今の出産ではありえません。妊娠中にいわれる体重管理は、ダイエットとどう違うのでしょうか。体重管理の必要性を含め、ポイントを探っていきたいと思います。

産婦人科で妊娠が判明すると、普段の体重をたずねられます。戸惑った人もいるかもしれません。つい、ちょっと軽めに言ってしまった方もいるかもしれませんね。その体重はこれからの妊娠期間中、体重増加の基準となる大事なもの。体重をごまかして伝えてしまうと、以後の体重管理がきつくなる可能性もあります。

体重管理とは

妊娠すると元気な赤ちゃんを産むため、身体は栄養をため込むようになります。妊娠が進むとお腹が大きくなり身体を動かすのも大変になってきます。このように、妊娠中は太る条件がいくつも重なります。

元気な赤ちゃんを産むために理想的な体重増加量が明らかになっています。分娩までの体重増加を理想的な範囲におさめるために、食べ物や生活習慣に注意を払うのが妊娠中の体重管理です。妊娠中の適度な体重増加は、安産のために必要です。

したがって、体重増加が激しい人はそれを抑え、つわりの食欲不振の影響などで体重があまり増えない人は体重を増やすようにすることがポイントです。

体重の増え過ぎが招く出産の危険

なぜ、妊娠中の体重の増え過ぎは良くないのでしょうか。それには元気な赤ちゃんに会うために注目したい理由がありました。

分娩時の危険

必要以上の体重増加は内臓脂肪を増やします。当然、その脂肪は分娩時、赤ちゃんの通り道となる産道にもつくことになります。脂肪がつくと産道は狭くなり、赤ちゃんが通りにくくなってしまいます。よって、妊娠中の体重の増え過ぎは、分娩時間を延ばし、難産となる原因になります。

妊娠中毒症の原因ともなる

体重が増えると血圧が上がり尿たんぱくが出やすくなり、むくみも出やすくなります。妊娠中毒症になると、赤ちゃんに栄養が届きにくい状態になります。そうなると赤ちゃんは順調に大きくなることができませんので、低体重で生まれてくる可能性が大きくなります。低体重児は、将来高血圧や心臓病、糖尿病といった成人病にかかりやすくなるという研究結果もあり、妊婦の太り過ぎは、赤ちゃんを苦しめることにつながります。

その他、急激な体重増加により体が大きくなると、妊娠線ができやすくなります。たっぷりついた内臓脂肪は、赤ちゃんを産んだからといってとれるわけではありませんので、妊娠前の体重に戻りにくくなる要因となります。

妊娠中毒症とも呼ばれた「妊娠高血圧症候群」、その症状と対策は

理想的な体重増加とは

出産直前、赤ちゃんは約3kgほどになります。赤ちゃんの体重と子宮を満たしている羊水以外の重さは、すべて母体の体重ですから出産と同時に減ることはありません。安産のために理想的な体重増加が明らかになっています。

自分のBMIがわからないなら、まずこちら

やせ気味の人

BMI18.5未満のやせ形妊婦さんは、分娩までに9~12kg増えるのが理想的です。日本では年々やせている成人女性が増えており、ダイエット経験者も多くいます。妊娠時の体重管理では「体重が増え過ぎないこと」を重点的にみていくので、「体重が増えないこと=いいこと」と捉え、体重の増加を極端に抑えてしまう人がいます。

いわゆる妊娠中のダイエット状態です。

この状態では母体の栄養不足が心配されます。母体が栄養不足になると、当然胎盤を通してつながっている赤ちゃんにも栄養が届きにくくなってしまい、低体重児の原因になってしまいます。

普通体型の人

BMI18.5~25未満の通常体型の人の理想的な体重増加は、7~12kgです。妊娠中は身体が栄養をため込みやすくなっており体重が増えやすくなっているので、油断しているとあっさりオーバーしてしまう可能性があります。体重増加を極端に恐れる必要はありませんが、食べてゴロゴロしてばかりいないよう意識することが大切です。

もともと太めの人

BMI25以上の人は、妊娠中の体重増加を5kg以内に抑えましょう。BMI25以上の人は、もともと身体に脂肪がたっぷりついている可能性があります。そのため、難産になりやすい傾向があります。よって、妊娠中は最低限の体重増加に留める努力が必要になります。

また、妊娠前の体重によっては、妊娠中に体重を減らすように言われることもあります。

体重管理の仕方

基本的な体重管理の仕方は食事と運動になります。つわり時期の食欲不振が過ぎると一気に食欲旺盛になることがあり、その勢いのままに食べてしまうと想像以上の体重増加を招くことにつながります。

妊娠中は激しい運動ができませんので、運動によって体重を減らすことは期待できません。運動は体重増加を抑える効果がある程度に考えておきましょう。

体重増加ペースは、「1ヶ月1kg増が理想」といわれますが、食べたくない時期があったり、反対に食べたくてしょうがない時期もあります。妊娠期間中を通して平均的な体重増加を目指すことは難しいことです。また、体重管理にとらわれ過ぎてそれがストレスになっては安産の妨げになってしまいます。

理想の体重増加量は、分娩までに増やす体重の目安ですのでトータルを考えた体重管理をおすすめします。おすすめは前半の体重増加を抑えること。もともと妊娠期間の前半はつわりで食欲がわきにくいこと、お腹が邪魔にならず動きやすいこともあり、体重増加を抑えやすい時期です。

だんだんお腹が目立ってくると身動きがとりにくく、食欲もわいてきます。この時期、無理に食事を制限することはストレスにつながりかねませんので、前半体重増加を抑えた分を利用し、少しくらいの体重増は大目に考えてみましょう。