妊娠希望の女性や、実際に妊娠してからじゃないとなかなか耳慣れないのが、トキソプラズマという寄生虫です。妊娠中の女性がトキソプラズマに感染すると、母体にはあまり影響がありませんが、お腹の中の赤ちゃんに影響する恐れがあります。

今回はそんなトキソプラズマについて、ペットとの関係を確認しておきましょう。特に猫との関係には注意が必要で、犬の場合はそこまで関係しないようですよ。

トキソプラズマってなに?

トキソプラズマというのは寄生虫の一種で、人間の血中に感染するとトキソプラズマ症という感染症を発症することがあります。健康な大人が発症しても、微熱程度の軽い風邪のような症状が出て終わることがほとんどです。そのため、トキソプラズマ症に感染しているかどうか、本人がなかなか気付きにくいという特徴があります。

妊娠してから初めてトキソプラズマ症を発症すると、胎児が先天性トキソプラズマ症を発症することがあるため、注意が必要となります。発症しない赤ちゃんもいますが、もし発症すれば赤ちゃんに脳症や水頭症が起こる可能性が確認されています。

妊娠の1年前などにかかった場合などには、胎児には全く影響はありません。問題なのは、妊娠中の感染です。妊娠初期に感染すると、胎児の発症可能性は低いものの、流産の危険性が上がります。妊娠中期、後期と進んでいくと、発症可能性が高くなっていきます。

妊婦がトキソプラズマに感染しているかどうか、通常は妊娠初期に検診で確認できます。早く発見できれば、赤ちゃんに感染する前に治療ができるのです。

トキソプラズマに感染する原因としては、ペットを飼っていることだけでなく、ガーデニングで砂や土を触ることや、生肉を食べることもあげられます。妊婦がトキソプラズマ症にかかった場合、その半数が赤ちゃんに感染するとも言われているため、早めにトキソプラズマ抗体チェックをお願いしましょう。

猫が終宿主、犬は中間宿主

トキソプラズマは、ヒトや猫、犬、ブタ、ヤギ、ヒツジ、ネズミ、ニワトリなど多くの哺乳類や鳥類に寄生しています。ただし、ネコ科の動物だけが終宿主であり、他の動物は中間宿主です。そのため、接触に最も気を付けなければいけないのは猫だけとなります。

終宿主というのは、寄生虫の成虫が寄生していて、卵を排泄する宿主のことです。お腹の中でトキソプラズマの親を飼っているという状態ですね。小腸内にいるトキソプラズマが卵を生むので、猫のフンにはトキソプラズマの卵がたくさん含まれていることになります。

中間宿主というのは、寄生虫の幼虫が寄生している宿主のことです。終宿主の毛づくろいをしたりフンが口に入ることによって体内に卵が入り、幼虫となります。しかし、その幼虫が卵をうめる成虫にまで成熟できないため、中間宿主のフンなどにあまり警戒することはなさそうです。

ペットが猫の場合に注意すべきこと

猫をペットとしている場合、トキソプラズマの終宿主かもしれませんので、注意が必要です。感染経路は基本的に口からとなりますので、猫のフンが口に誤って入らないように気を付けることになります。

「フンなんて口から入らない」と思うかもしれませんが、こういう場合はどうでしょうか。猫がフンをした後、猫の手足や体にフンが少量ついているなんてことは考えられますよね。また、フンの処理をした後に、手を洗わずに食事をしてしまうことでも感染し得ます。

そこで最も気を付けるのは、猫と触れ合った後には必ず手洗いをすることです。できれば妊婦さん以外の家族が猫の世話をするようにしたいですね。処理は素手ではなく、必ず手袋を着用しましょう

犬の場合はあまり気にしなくて良い

犬を飼っている場合、そこまで気にしなくて良いようです。日常的に口を舐められたり、口うつしで食べ物を与えたりしていなければ、神経質になる必要はありません。犬は中間宿主のため、体内のどこかに卵や幼虫がいる可能性はありますが、犬のフンに大量にトキソプラズマの卵がいるという状況は考えにくいです。

とは言え、妊娠中はこれまでよりも手をよく洗うように気を付けた方が良いでしょう。トキソプラズマ検査を受けた結果が陽性、陰性に関わらず、妊娠中は動物との接触は最小限にしましょう。犬以外の哺乳類もかなりの種類がトキソプラズマの中間宿主になっているので、むやみやたらと動物に触れることがないようにしたいですね。

妊娠中にペットと暮らすこと

妊娠中にペットと暮らしていると言うと、まるでペットが菌のかたまりのように話す人もいるかもしれません。ただそれは妊婦と赤ちゃんを心配しての発言ですので、あまり気にしないようにしましょう。

他にもペットと暮らしていると、普段からアレルギーになる可能性があります。毛やフケ、ダニやその死骸はアレルギーの原因物質になるので、こまめな掃除が欠かせません。妊娠中や出産後の大変な時期は、お世話が難しいと感じたら早めに預け先を考えておくと良いでしょう。

ペットは妊娠中の不安定な気持ちを癒してくれる大切な存在です。トキソプラズマの心配があるからと言って必ず処分しなければいけないわけではなく、適切に衛生的なお世話をするように気を付ければ、妊娠の味方となってくれるでしょう。