妊娠を心待ちにしていた女性にとって、妊娠初期はとにかく赤ちゃんがちゃんと育ってくれることを願いますよね。妊娠中期以降になって安定してくると、次は分娩について具体的に考える時期にきています。

今回は、帝王切開による出産にまつわるウワサ、「帝王切開を経験すると、出産回数に限度がつく」についてご紹介します。

帝王切開での出産ってどんなもの?

まず、帝王切開での出産について一通りシミュレーションしてみましょう。帝王切開は大きく分けて2種類、予定帝王切開と緊急帝王切開があります。

予定帝王切開とは、妊娠中の検査などによってあらかじめ帝王切開での分娩を決定し、手術日を決める分娩のことです。正期産に入る妊娠37週を過ぎて、赤ちゃんがいつ生まれても大丈夫となって手術日を決めます。手術の前にお産が始まってしまわないように、おなかの張りやおしるし、破水に注意しながら過ごします。麻酔は局所麻酔で行うことが多く、おなかを縦か横に約10cm切開し、子宮壁を切開して赤ちゃんを取りだします。全身麻酔になることもありますが、局所麻酔の場合には産声を聞くこともできます。

予定帝王切開と緊急帝王切開

予定帝王切開になるケースはいくつかあり、双子や三つ子といった多胎妊娠の場合、骨盤よりも赤ちゃんの頭の方が大きい場合、妊娠高血圧症候群が重症の場合、産道の感染症が完治していない場合などがあげられます。

一方、緊急で帝王切開になるケースもあります。微弱陣痛などによって分娩時間が長引いたりして、母子の状態から「帝王切開に切り替えたほうがいい」と医療者側が判断した場合に、緊急帝王切開が行われます。分娩の途中での判断になるので、事前に医師と十分な意思疎通を行っておくことが大切です。高年初産の場合、20代のお産に比べて緊急帝王切開になる率が少し高くなっています。

帝王切開は、赤ちゃんを安全に出産するために必要な手術です。マイナスなイメージを抱く人もいますが、経膣分娩と同じように赤ちゃんを大切に考えた結果なので、緊急で帝王切開になった場合でも「そういうこともあるよね」と覚悟を持って前向きにお産に臨みましょう。

帝王切開で出産した後の出産についてよく言われるウワサ

帝王切開で出産すると、その後の出産回数に限度があるとか、今後も帝王切開でしか生めないというウワサがあります。これらは決定的なことではなく、統計的にリスクを考えた場合、その方が安全だということからきています。

例えば、骨盤が小さいことによって予定帝王切開になった場合、その後の骨盤の状況が変わっていなければ、おそらく次のお産も帝王切開でないと危険になるでしょう。ただ、緊急帝王切開で出産した後の妊娠や、前置胎盤や逆子が原因で帝王切開になった場合には、次のお産で経膣分娩できる可能性はあります。

出産回数に限度があるというウワサも、決定的なものではありませんが、理由はいろいろとあります。一番大きい理由が、妊娠で子宮が大きくなることに耐えられるのが帝王切開を含めて3回までだと言われていることです。また例えば前置胎盤の場合、帝王切開で分娩すると、胎盤を子宮からはがすことになります。出産が2度目、3度目と回数を重ねるごとに、胎盤が子宮からうまくはがれないという癒着胎盤になる確率がどんどん上がっていくそうです。こういったリスクを統計的に見てみると、帝王切開後の出産ではリスクが上がるという可能性が浮き出てくるようです。

帝王切開での経産婦が経膣分娩を試みること(VBAC)

帝王切開での出産後の妊娠で、経膣分娩を望む女性は多くいるでしょう。このような試みをVBAC(Vaginal Birth After Cesarean delivery)と呼び、医師によって考え方もさまざまです。ただ、VBACで経膣分娩をしても何も起こらない場合もあり、そんなときにはごく普通のあっさりとしたお産になります。

一般的には、一度子宮を切開しているわけですから、次のお産で子宮破裂が起きるリスクがあり、たいていのケースで予定帝王切開が選択されています。子宮破裂が起こってしまうと、一刻を争う処置が必要となり、赤ちゃんの命が助かっても脳に障害が残ってしまうこともあるのです。そのため、VBACを行うにはさまざまな条件をクリアしている妊婦さんに限るという医師もいます。例えば、子宮筋腫などでの子宮切開創がなく、過去に1度だけ一般的な帝王切開を経験した人のみ、とか、もちろん経膣分娩中でもすぐに緊急帝王切開ができる環境が確保できること、などの条件です。

VBACを考えている妊婦さんは、経膣分娩を了承してくれる病院を探せば終わりというわけではなく、前回の分娩経過やどのような手術だったのかというデータを集めて、自分が今回安全に赤ちゃんを生むことができるかどうか、医師とよく相談することが大切です。その上で、リスクが高いと判断されたら「どうしても経膣分娩で生みたい」という希望よりも、赤ちゃんの安全の方を優先させた方が良いこともあることを理解しておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか。帝王切開についての正しい知識を持っておくと、突然のことでも冷静に判断できますし、赤ちゃんの安全についてよく考えることにもなりますね。