妊娠中は、お腹の中で赤ちゃんが育っているのですから、当然体重も増加します。しかし近年、体重管理は妊婦さんの一番の仕事といっても過言ではないほど、妊婦さん自身と赤ちゃんを守る上で重要になってきています。食べすぎ、太りすぎは禁物、でも痩せすぎも危険・・・それにはきちんと理由があります。

妊婦さんにまつわる体重増加のことを正しく知り、理想的な体重管理をめざしましょう。

どうして増えるの?体重増加の内訳

体重増加の理由、気になるところですよね。赤ちゃんの体重がおよそ3kgというのは分かりますが、妊婦さんの体の中ではその他にどんなものが増えているのでしょう?以下がその内訳です。

    ・赤ちゃん 3kg
    ・羊水 0.5kg
    ・胎盤 0.5kg
    ・循環血液量 1~1.5kg

これ以外にも、赤ちゃんに与える母乳を準備するため乳房も大きくなりますし、子宮も大きくなります。さらに、妊娠によってホルモンバランスが変わるので脂肪がつきやすくなったり、体の中の水分量も増加します。これらをすべて合わせて、妊婦さんの体重はおよそ8kgは必然的に増えると言われています。

まずは自分の体型を知ろう!BMI値の調べ方

理想の体重増加は、妊婦さんのもともとの体重によって異なることをご存じでしたか?まずは妊娠前の体重を使って、BMI値を算出しましょう。

BMI値の計算方法

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMI値

例:身長160cm、妊娠前の体重55kgのママの場合
55 ÷ 1.6 ÷ 1.6 =21.48
小数点第2位を繰り上げて、BMI値は21.5となります。

自動計算はこちら

BMI値から分かる理想の体重増加の目安

    ・BMI値 18.5未満(やせ型)→9~12kg
    ・BMI値 18.5~25未満(標準)→7~12kg
    ・BMI値 25以上(肥満型)→5~7kg

BMIの値によって体格の区分が分かれます。ご自分のBMI値があてはまる体型から、理想の体重増加量をチェックしてみてください。これは妊娠10ヶ月の出産直前の目標数値です。

1週間ごとの推奨体重増加量は?

理想の体重増加が分かっても、その範囲以内だからと一気に太ってしまわないように気をつけましょう。1週間の推奨体重増加量は、やせ型・標準の方ともに300~400gまで。500g以上の増加は、妊娠中毒症になる可能性がでてきてしまいます。食生活に気をつけて、なだらかな曲線を描くように増えていくのが理想です。また、肥満型の方は個別に医師からのアドバイスを受けましょう。

妊娠初期・中期・後期のペースも気をつけよう

妊娠初期(妊娠2~4ヶ月)

赤ちゃんの成長がまだまだゆるやかな時期なので、妊娠前の体重をキープするか、増えても2kg未満にとどめると、今後の体重管理がぐんと楽になります。

また、この時期はつわりによって食欲が落ち、体重が減少する妊婦さんも少なくありません。しかし、妊娠初期の体重減少はそれほど赤ちゃんに影響するものではないので、あまり神経質にならず、食べられる時に食べたいものを食べるという感覚でいいそうです。妊娠前の体重の10%(約5kg)以上減ってしまったときは、点滴などの処置が必要になりますので、健診を待たずに病院に相談しましょう。

妊娠中期(妊娠5~7ヶ月)

安定期に入り、子宮の中では胎盤も完成し、お腹も大きくなってきます。つわりも治まってきますので、いよいよ体重管理に気をつけたい時期ですね。この頃の体重増加の目安は5kg程度。妊娠初期から考えるとかなり増加する印象を受けますが、ホルモンの影響で脂肪がつきやすくなっているので、なるべくこれを超えないように気をつけましょう。

妊娠後期(妊娠8~10ヶ月)

妊娠高血圧症をおこさないためにも体重管理だけでなく塩分も控えるなど、食生活に気をつけたい時期です。体重増加は3kg程度にとどめられると理想的です。低カロリー、高タンパクのものをバランスよく摂るようにしましょう。

増えすぎも減り過ぎもNG!その理由は?

妊娠中は体重が増えすぎても減りすぎても、それぞれにリスクがあります。

体重が増えすぎることで高まるリスク

妊娠高血圧症候群

かつては妊娠中毒症と呼ばれていた妊婦さんの合併症で、高血圧、タンパク尿、むくみの症状が起こります。妊娠後期に症状が出やすく、約1割の妊婦さんに発症します。妊娠高血圧症になると、胎盤の機能が低下し、赤ちゃんに充分な酸素や栄養が届かず早産や未熟児、死産などの原因になります。妊婦さんへの負担も大きく、母子ともに命に関わる可能性があります。

妊娠糖尿病

胎盤から出るプロゲステロンなどのホルモンが、血糖を下げるインスリンの働きを弱め、血糖値に異常をきたしてしまう疾患。こちらも約1割の妊婦さんが発症し、太っている方や糖尿病の家族がいる方、高齢出産の方は注意が必要です。

妊娠糖尿病になると、赤ちゃんの皮下脂肪も増え、巨大児、低血糖、胎児死亡などのリスクが発生し、母体にも妊娠高血圧症や羊水異常を発症する可能性があります。

体重が減りすぎることで高まるリスク

やせ型の妊婦さんは、お腹の中の赤ちゃんに充分な栄養を与えられず低体重児(2500g未満)になる可能性が高まります。低体重児は抵抗の弱さや、呼吸器系や臓器の未発達などの問題を抱えてしまうことも考えられます。

推奨の範囲内であれば、妊娠中の体重増加は当たり前のことです。太ってしまったからと焦って無理なダイエットをすることは禁物です。体重管理はあくまで食事で行い、自己判断で運動などをしないでください。運動は医師の許可を得てから、軽いストレッチやウォーキングなど、無理のない範囲で行いましょう。

おわりに:体重管理のポイント

妊娠中は太りすぎても痩せすぎてもリスクがありますが、焦らないことも大切です。

体重管理を楽しく続けるポイントは、体重や食生活を記録していくこと。毎日同じ時間、同じ条件で体重を測って書き出す、1日に食べたものをすべて書き出す、などの習慣をつけると、赤ちゃんのために体重管理をしているんだ、という自覚が生まれます。変化や反省点にも気づきやすいのでおすすめです。

長いようであっという間の10ヶ月間。自分の体型に合った体重増加を意識して、マタニティーライフを楽しみながら体重管理をしていきましょう。