妊娠中でも愛し合う夫婦の時間を大切にしたいと思う人は多いでしょう。セックスをすることで胎児に悪影響はないかどうか気になりますよね。

今回は妊娠中のエッチについて、妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期ごとに注意点や気になることをまとめてみました!

妊娠初期のセックスについて

妊娠中はエッチを避けた方がいいのでは?と思う方も多いかもしれませんが、妊娠中は時期問わずエッチしても問題はありません。

妊娠をするとママはお腹に赤ちゃんがいることで敏感になりがちですが、きちんと注意点を理解していれば大丈夫。パパの性欲は妊娠前と変わらない人も多いですから、ママもその点は理解してあげたいですよね。

妊娠初期の場合は、妊娠したかな?と思ってから心音が確認されるまでは少し不安が募るものです。この頃は無理をしないのが鉄則。エッチをしたからと言って赤ちゃんに悪影響があるとは言えませんが、まだ母体が安定していないため、不安に思うのなら避けるのが無難です。

ママの体は見た目では変わらずパパはこれから父親になるという実感が湧きづらいため、求めてくることもあるでしょう。

一方でママはお腹の中に命が宿り、これからこの赤ちゃんを守らなくてはいけないという母性が芽生え始めますのでその気になれないことも。ママはそんな気持ちをきちんとパパに伝え、理解してもらえると良いですね。

またつわりが始まる時期ですので、それどころではないというケースも。心の面、体の面でOKであれば無理をし過ぎないようにエッチを行うようにしましょう。

妊娠中期のセックスについて

妊娠中期になると、つわりもおさまってくる頃で気持ちも落ち着いてくるでしょう。体調が良ければエッチをしてももちろん問題はありません。妊娠してから出産までの間、一番体が安定している時なので妊娠中にエッチを行うのであればベストな期間です。

ただ妊娠中にエッチをする際は、特に清潔さを保つことが大切です。妊娠中は免疫力が下がっているため、細菌の影響を受けやすくなります。感染症予防という観点からも避妊具はつけるようにしましょう。

また精液中には子宮を収縮させる物質や子宮の頚管をやわらかくさせる成分が含まれています。膣内射精により直接的に出産を促すことにはなりませんが、控えておくと無難です。

また、エッチによってお腹の張りを感じることがあります。これは膣や子宮に刺激が与えられることで、脳がオキシトシンというホルモンが分泌され、おなかが痛くなるのです。

またエッチ後に出血をする場合がありますが、一時的なもののため心配しすぎる必要はありません。ただお腹の痛み、張りと出血が続くようであれば病院に行くようにしましょう。

妊娠後期のセックスについて

妊娠後期になるとママのおなかも大きくなってくるので寝るのも大変ですよね。エッチをしても大丈夫ですが、無理をしないことが一番です。

妊娠37週を過ぎると早産の危険性が無くなることから、かえってエッチしやすい時期とも言えます。いつ陣痛が来ても問題のない時期になると、避妊具を用いないエッチは出産を促していくともいわれています。弱い陣痛が来ているのになかなか本格的な陣痛にならない場合、精液の成分によって陣痛促進の効果があると昔から言われています。お迎え棒というのはこのことです。

このように臨月になってからもエッチは出来ますので、極度に避ける必要はありません。

妊娠中のエッチで注意したいこと

妊娠中にエッチを避けるべき時があります。エッチにより子宮頸部に刺激が与えられ、子宮は収縮しやすくなるため注意が必要です。下記のようなときはエッチをしないようにしましょう。

  • 不正出血があるとき。
  • お腹の張りが痛みが強いとき。
  • 切迫流産、切迫早産の傾向がみられるとき。
  • 医師から安静の指示が出ているとき。
  • 破水しているとき。

妊娠中のエッチにおいて大切なのは、夫婦間で思いやりを忘れないことです。特に初めての妊娠ならママは自分の体の変化に驚きと戸惑い、不安を感じていることでしょう。でもそれはパパも同じ。自分の愛する人が妊娠によって変化していくことに戸惑っているのです。

エッチは本来お互いの想いを伝えあってするべきもの。性欲の赴くままにエッチをすれば傷つきますし、逆に理性ばっかり並べ立ててエッチを拒否しても相手は傷ついてしまいます。今相手のことをどう思っているのか、相手は自分に対してどういう想いがあるのか、思いやりの気持ちを持って話し合ってみると良いでしょう。

妊娠中は体調にも波があります。もちろん気分がすぐれないのに、相手が求めるからと言ってエッチをする必要はありません。しかしむげに断ることをせずに、どうして今することが出来ないかを伝え、他の方法で積極的にスキンシップをはかれればいいですね。

出産すると、新生児のお世話に昼も夜も関係なく追われる日々が続きます。出産することでおなかはスッキリしますが、授乳が始まり胸が張り痛みが伴うことも。また出産後はしばらくは体調がすぐれなかったり、まとまって寝られないことへのストレスもたまります。

妊娠中とは全く違った状況に悩むこともあるでしょう。

妊娠中はお腹に赤ちゃんがいるとはいえ、夫婦二人きりで過ごす最後の時間です。この時間を大切にしてコミュニケーションを取っていくことが、出産後の夫婦間の仲にも影響してくるのです!