辛いつわりを乗り越え安定期に突入したら「旅行に行ってゆっくりしたいなぁ~」と思う妊婦はきっと多いはず。美味しいもの食べて、夜はのんびり温泉に浸かって疲れが取れたら、出産までのラストスパートまで頑張れそうな気がしますよね。しかし、たとえ安定期に入ったとは言え、妊婦が温泉を利用するには注意すべきポイントがいくつかあるのをご存知でしょうか。

そこで今日は、妊婦が安全かつ安心して温泉に入れるために必要なポイントと注意点についてまとめてみました。

妊婦の温泉は問題ない!?

昔から、万病に効くとして身体に良い影響があると言われる温泉ですが、温泉法が2014年に改定されるまでは「妊婦に温泉はタブーである」との認識が一般化していました。

確かに、全国の温泉施設の注意書きには、温泉入浴を避けるべき者のリストに「妊婦(特に初期と末期)」と明示されており、それが常識となったのは無理もないと思います。

しかし、2014年の環境省による発表によれば「妊婦に温泉がダメである科学的根拠は無い」として、今までの注意書きを見直す方針が決められ、妊婦が温泉に浸かっても母体や胎児に何ら影響は無いとして、新たな温泉法に改定されたのです。

妊婦におすすめな温泉

単純温泉や源泉かけ流し

妊娠中は肌が敏感になっているため、刺激の強い硫黄泉や食塩泉、ラジウム温泉などは避けた方がベターです。箱根などに代表される単純泉(弱アルカリ性単純泉)であれば、刺激も少ないため妊婦も安心して入浴することができます。

また、妊婦は妊娠前に比べ免疫力が低下している場合もあるので、できれば循環式の温泉よりも源泉かけ流しの温泉を選ぶようにしましょう。

衛生的に問題の無い一般的な温泉であれば問題はありませんが、ほぼ毎年のように温泉施設ではレジオネラ菌の感染が確認されているため、万一のことを考えると源泉かけ流しの方が安全です。

貸し切り風呂や露天風呂付客室

妊娠中は、大きくなったお腹や乳首の黒ずみなど身体に大きな変化が起きるため、他人に裸を見られるのが恥ずかしい場合もあります。

そんな時は、家族だけで利用できる貸し切り風呂や露天風呂付客室を選んでみてはいかがでしょうか。

貸し切り風呂の場合は予約時に頼んでおけば配慮してもらえますし、露天風呂付客室でしたら好きな時間に温泉を楽しんだり、疲れてもすぐにベッドに横になることができるので、家族が気兼ねなくリラックスできます。

足湯温泉の利用

服を脱ぐ必要もなく感染症の心配もない足湯は、妊婦が気軽に入れる温泉として人気があります。

特に妊娠初期や臨月に近い妊婦の場合、膝下のみの入浴であれば、転倒やのぼせの心配もないため安全です。

かといって、足湯効果は一般的な温泉と変わらないくらい、冷えや血行不良を改善するメリットがあるので、妊娠中には最適です。

妊婦が温泉に入る時に注意する4つのポイント

温度と長湯に気をつける

妊娠中は、のぼせや脳貧血のリスクも多いため、熱すぎる温度と長湯には十分注意する必要があります。

温泉の温度が42度以上の高温や30度以下の低温の場合は、交感神経が刺激されて血圧上昇のリスクがあるので、目安としては42度以下の温度で1回の入浴時間は10分程度にとどめるようにしてください。

また、風呂上がりは脱水症状を防ぐためにも、十分な水分補給を心がけましょう。

転倒に注意

ご存知の通り、温泉の床はヌルヌルしていることもあり、大変滑りやすくなっています。

また、観光地の露天風呂などでは岩場や階段があったり、季節によっては足元に落ち葉が敷き詰められているなど、足場が悪いことがあります。

特に、お腹の大きい妊婦の場合は足元が見えづらいこともあるため、足元には細心の注意を払いながら手すりにつかまるなどして、転倒には十分気をつけるようにしてください。

一人きりの入浴は避ける

客室から離れた温泉に行く場合は、一人きりで出かけないようにしましょう。

「せっかくだから一人でゆっくりと入りたい」と言う気持ちも分かりますが、妊娠中の入浴は急な体調不良や転倒のリスクも高いため、必ず誰かと一緒に行動することが大切です。

空腹で温泉に浸かるのはNG

旅館などでお茶菓子が置いてある理由の一つには、「お腹を満たしてから温泉へどうぞ」と言う意味があるそうです。

ただでさえ妊婦は貧血や脱水症状になりやすい身体ですので、入浴前には食べ物と水分の補給を心がけてください。

とはいえ、食べ過ぎや飲み過ぎは消化不良が起きるなど返って逆効果になることもあるので、適度な量の摂取がポイントとなります。

まとめ

妊娠から出産までの道のりは、辛いつわりやマタニティーブルーに加え、今後の子育てへの不安など、精神的に不安定になりやすい時期を過ごすことになります。

だからこそ、ストレス発散や気分をリフレッシュするためにも、家族や友人とのちょっとした温泉旅行は大変おすすめと言えます。

しかし、ここで注意するポイントとしては、「妊婦の旅行はいつもの半分程度のスケジュール」と頭に入れておくことが肝心です。

そして、旅館には妊婦が宿泊することをあらかじめ伝えておいたり、いざと言う時のために宿泊先の近くに産婦人科や総合病院があるかどうか前もって調べておくと安心ですね。