妊娠したかもしれないと思ったら、何をおいてもまずは婦人科を受診することが絶対に必要です。もしも通常の妊娠とは違い子宮外妊娠だったとしたら、発見が遅れると生命の危険に晒されることがあります。

まずは子宮外妊娠とはどういったものなのか、何が原因で起こるのかを知りましょう。

子宮外妊娠とは、その名の通り子宮の「外」で妊娠した病気

妊娠は、まずは卵子と精子が出会い受精卵となり、それが子宮内の子宮内膜に着床して成立するものです。

しかしこの受精卵が子宮内以外の場所に着床してしまう場合があります。この状態を「異所性妊娠」といい、一般的には子宮外妊娠という病名で知られています。

全妊娠に対して1%ほどの割合で起こると言われており、初産に比べて経産に多いのが特徴です。特に2回目の妊娠で子宮外妊娠となる人が多いと言います

また、受精卵が着床する部位によって、「卵管妊娠(らんかんにんしん)」「卵巣妊娠(らんそうにんしん)」「頸管妊娠(けいかんにんしん)」「腹腔妊娠(ふくくうにんしん)」の大きく4つに分類されています。

子宮外妊娠の分類

このうち98%を卵管妊娠が占めていることから、子宮外妊娠と診断された場合は、その大部分が卵管に着床したと考えられます。子宮内腔以外の場所で着床しても、胎児が成長する環境がないので当然ながら育ちません。

しかし、着床したことは事実で、そうなると体には通常の妊娠と同じような症状が出始めます

生理が遅れる、乳が張ってくる、頻尿、軽いつわり等で、妊娠検査薬で検査すると陽性が出ます。気が付かずに放置すると、卵管流産や卵管破裂となります。

卵管流産の場合、腹痛や不正出血が起こります。

卵管破裂を起こすと、卵管流産と同じ症状が起きる場合もあれば、多量に出血した場合は激烈な腹痛でショック状態に陥る場合もあります。出血が多いと輸血が必要になることもあり、緊急手術の可能性も出てきます。

不正出血などの症状はだいたい妊娠6週目頃から出始めると言われていますが、何週目に入ると卵管流産・卵管破裂を起こす、といった時間的な相関関係はありませんので、まだ妊娠週数がそれほど経っていないから大丈夫、と言えるものではありません。

「妊娠」という言葉が付いていても、子宮外妊娠の実際の所は、妊娠ではなく病気なのです

子宮外妊娠になる原因は?

卵子と精子が出会う受精は、卵管内で起こることがわかっています。受精卵は約1週間ほどかけて卵管内から子宮内腔へと移動しますが、その間もどんどん細胞分裂をしています。

つまり成長しながら移動をして、子宮内にたどり着くころには細胞が着床できる状態にまで成長している、ということです。

授精前後の動き

この、着床可能な状態まで成長していてもまだ卵管内に留まっている場合、卵管妊娠となるのです。このような移動困難な原因としては、クラミジア感染や淋病、子宮内膜症などによって卵管が炎症を起こしていたり、または腹部手術によって炎症や癒着が起きていたり、卵管が狭くなったりしていたりして、受精卵を輸送するはたらきが弱まっているためと考えられます。

卵管に発育不全や奇形がある場合は、輸送のはたらきは正常でも、そもそもの通過性に障害があると考えられます。

他に、卵管内はスムーズに移動できても、受精卵が一度入った子宮からもう一方の卵管に入ってしまう内遊走、または卵管を飛び出してもう一方の卵管へ入り込む外遊走が原因で、子宮内腔までたどり着かない場合もあります。

子宮外妊娠は予防できる?

もしも、卵管の通過性自体に問題を抱えている(卵管が狭い、子宮内膜症などによって癒着があり詰まっている等)のであれば、妊娠活動をする前にその問題を解消するなどの予防策はあるでしょう。

しかし、子宮外妊娠のほとんどは原因がはっきりしないことが多く、事前に予防することは困難であると言わざるを得ません。

どうやって子宮外妊娠を診断するの?

子宮外妊娠を診断するために必要なのは、妊娠をしているか否か、子宮の中に妊娠しているか否か、子宮の外に妊娠しているか否か、の3点を確認すればよいのですが、これがそう単純にいかないのが現実です。

妊娠しているかどうかは、尿検査などですぐにわかります。

子宮の中に妊娠しているかどうかは、胎嚢がエコーで確実に確認できればよいのですが、確認できなくてもごく初期の流産であったり、生理不順のため確認できるはずの時期に確認できないなどという場合がありますので、子宮内に胎嚢がないからといってイコール子宮外妊娠とは診断できません。

よって確実なのは、子宮外に妊娠が確認されることなのですが、卵管はエコーに映らないので、通常妊娠のように早期に判断することができません。

エコー以外では内診、ダグラス窩穿刺、腹腔鏡による診断なども行われます。子宮外妊娠であるという診断がなかなかできず、経過観察が続く場合、子宮内掻爬(子宮内膜を掻き出す手術)が行われる場合もあります。

子宮外妊娠の治療法は?

薬物治療と手術の二通りの方法があります。

薬物治療では妊娠組織を消失させる目的で、抗がん剤の一種を使いますが、副作用も強いためあまり使われることはありません。外科手術は開腹手術と腹腔鏡手術とあり、多くは子宮外妊娠を起こした側の卵管を摘出する方法がとられます。しかしそうなると、そちら側からの排卵はできなくなります。

卵管を残したい場合は摘出せずに保存する方法で手術をしますが、切除する場合に比べ再発の可能性は高くなります。

子宮外妊娠後の妊娠について

一般的には、『生理が一度くればOK』と言われるはずです。ただし、担当医の指導に従ってくださいね。

子宮外妊娠は誰にでも起こり得る病気です。

妊娠が疑われたらすぐに産婦人科を受診し、医師の診察を受けましょう。