切迫流産の治療で使われるウテメリン。軽い症状の場合は錠剤を、緊急性が高い場合は点滴を用いられます。切迫早産と診断され薬が処方されると、ママはあらゆる面で不安でいっぱいになりますよね。ウテメリンの薬はどう使われるものなのか、赤ちゃんへの影響や副作用などについてまとめてみました。

ウテメリンが使われる、切迫早産とはどんな状態なの?

ウテメリンは切迫早産で使われる薬ですが、まずは切迫早産がどんな状態なのか頭に入れておきましょう。早産とは妊娠22週~37週までの出産のことを言い、切迫早産とは早産になりかかっている状態のことです。出産予定より早く、お腹が頻繁に張り子宮口が開き始めてしまったり、破水が起きてしまい、赤ちゃんが出てきてしまいそうな事態で緊急性があります。早産を避けたい理由は、まだ赤ちゃんが子宮の外で生活が出来るような身体の機能が整っていたいため。もし早産になると赤ちゃんは新生児集中治療室(NICU)で入院することになります。赤ちゃんの体の機能が整う妊娠37週を過ぎるまでは、少しでも長くお腹の中でいることが大切なのです。

ちなみによく混同しがちになる切迫流産とは、流産になりかかっている状態のこと。妊娠22週未満での出産は流産と呼び、呼び名は区別されています。妊娠22週目で生まれた場合の赤ちゃんの体重は約500g、あまりに小さく生まれた場合重篤な障害が出る可能性が高くなります。

切迫早産の治療ってどんなことをするの?

切迫早産の治療は早産の進行を阻止する処置が行われます。そこで使われるのがウテメリンです。ウテメリンは子宮の収縮を押さえる作用があり、お腹の張りと痛みを取り除きます。ウテメリン以外の子宮収縮抑制剤として、リトドリンやルテオニン、ウルペティックなどがあります。

また細菌の膣内感染を防ぐために抗生剤や抗菌薬を使用することがあります。切迫早産で破水してしまった場合、この抗生剤や抗菌薬は赤ちゃんが自力で呼吸できるようになるまで投与を続けます。ただ妊娠34週以降であれば、たとえ生まれても自力で呼吸できる確率が高いため、赤ちゃんに細菌が感染する前に出産をし、生まれた後で治療を行うこともあります。

ウテメリン錠とウテメリン点滴

切迫早産の程度によって、基本的に自宅で安静にしながら通院する場合と、出産まで入院という場合があります。治療によって切迫早産の症状が抑えられれば、たとえ入院ということになっても数日で退院できることもあります。

切迫早産の症状が比較的軽い場合は、ウテメリン錠が処方されます。多くの場合家に帰ることはできますが、自宅でも出来るだけ動かずに横になって安静にしていなければなりません。入院と違って自宅にいる場合は思わず家事などをしたくなるものですが、お腹に張りを感じたらすぐに横になりましょう。赤ちゃんにとって一番良いのは1日でも長くお腹にいることですから、赤ちゃんを守るために無理をしないことが大切です。

切迫早産の症状が重い場合は、即入院となります。緊急性が高いため、より効果の高いウテメリン点滴での治療となります。点滴の量は子宮の収縮の様子と、母体、赤ちゃんの様子などを総合的に診て調整します。入院中はベットの上でも絶対安静で、身の回りのことは看護婦さんや家族に手伝ってもらうことになります。切迫早産と診断された3割から5割の人は、適切な治療を行っても早産が進行してしまうと言われています。できる限り妊娠の期間を延ばしたいところですが、妊娠34週を過ぎた時点で破水があれば、そのまま出産ということもありえます。

ウテメリンに副作用はあるの?

ウテメリンは副作用が出にくい薬ですが、まれに動悸や吐き気、手の震え、顔が赤くなるなどの症状が出ることがあります。これらは初めて服用したときに出ることが多く、薬を使い続けるうちに体が慣れ、症状は落ち着いていきます。ごくまれなケースで、重い副作用が出ることもあります。横紋筋融解症の発症で筋肉の痛み、力が入らない、尿が赤褐色になることや、汎血球減少により倦怠感やあざができる、歯ぐきからの出血、他には高血糖や糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こすこともあります。実は海外ではウテメリンの副作用とその効果を検証し使用が認められていない国もあります。日本では、ウテメリンの継続使用をできる限り短期間にするという方針ですが、もし体に異常を感じたり強い不安を感じるなら、医師に相談するようにしましょう。

気になる赤ちゃんへの影響は?

ウテメリンにおける赤ちゃんへの影響はほとんど報告されていませんが、心不全、心臓の異常、低血糖、腸閉塞などが引き起こされた例はあります。ただウテメリンを使用する赤ちゃんへのリスクよりも、早産による赤ちゃんへのリスクの方が高いことから、適切に使用するのが良いとされています。過度に心配しすぎてストレスを感じる方が、母体にとっても良くありません。疑問点などがあれば気軽に医師に相談し、不安を解消することも早産を防ぐためには大切なことです。

ウテメリンは、切迫早産の症状を押さえ妊娠を継続させるために大きな力を発揮します。用法や用量を守れば、安心して使うことができる薬です。無事に出産するまで、ウテメリンなどの力を借りながらしっかりとお腹の中で赤ちゃんを守ってあげてくださいね。