s-ninshinsenyobou

 

赤ちゃんを出産すると心配なのが、体型が崩れること、そしてもう1つの心配は妊娠線ができることではないでしょうか?

でも、芸能人やモデルさんの中には出産後も変わらぬ美しいカラダを披露している方がたくさんいますね。そんな方はどんなケアをしているのでしょうか?そもそも妊娠線とはなぜできるのでしょうか?

ここでは、妊娠線とはなんぞやからはじまって、それを予防する方法まで詳しくご紹介しますね。

妊娠線はなぜできるの?

妊娠すると最初は本当におなかの中にあかちゃんがいるの?と感じるほど、体型に変化はありませんが、徐々におなかが大きくなってきますね。これはおなかの中のあかちゃんが成長している証拠ですから、ある意味常識ですね。やがて、プレママのおなかの皮膚ははちきれんばかりに伸びていきます。

ぱっと見ると、同じ具合に皮膚が伸びているように感じるのですが、実は、皮膚の層によって伸び方に差が出ているのです。

人間の皮膚というものは、「表皮」「真皮」「皮下組織」の三つに分かれています。

もっとも伸びるのが、一番外側の表皮なのですが、その下の真皮と皮下組織の一部は表皮ほど弾力性がありません。ですから、表皮ほどは伸びず、亀裂が生まれてしまうのです。

結果として、その下にある毛細血管などが赤紫色の線状に透けて見える状態を「妊娠線」と呼んでいます。さて、やっかいなのがこの妊娠線、一度できてしまうと薄くなることはなく、実は完全に消えることは一生ないのです。明るいままライフのためにも、これはなんとかしなくてはなりませんね!

出来ない人もいる!? 妊娠線

やっかいな妊娠線ですが、実はすべてのプレママにできるわけでないのです。妊娠線がなぜできるかが分かれば、おのずとできやすい人が分かってくるので、チェックしておきましょう。

妊娠線ができやすいのは「皮下脂肪か厚い人」「経産婦さん」「双子などの多胎児を妊娠中の人」「小柄でおなかが前に出やすい人」といえそうです。

また、妊娠線ができやすい時期というのもはっきりしています。妊娠中で急激な体重増加がある時期は要注意です。まず最初は妊娠3~4カ月頃です。この頃はつらいつらいつわりのおさまり、ご飯がとっても美味しく感じられる時期。一気に食欲がわいて、体重も急激に増えていくので要注意です。

また妊娠8カ月から臨月ごろも気を抜けません。

特に臨月に入ると赤ちゃんがぐーんと成長して、体重がどんと増え、それまでできずに安心していたプレママにもできるケースがあるのです。

効果的な妊娠線の予防対策法は?

万が一、できてしまったら一生消えなかったり、そして自分ができやすいかどかもわからない……なんて心配をしながらプレママライフを送るのはちょっとイヤですよね。

女性にとって妊娠期間中はとってはも大切な時期なのですから、できるだけ心穏やかに過ごしたいもの。ですから、妊娠線対策は早め早めの対策が効果的です。

マッサージをする

よく雑誌なので紹介されているのがマッサージです。マッサージは皮膚をやわらかくしたり、血行をよくするので妊娠線の予防が期待できそうです

また、残念ながらできてしまった妊娠線を、完全に消すとまでいかないまでも、あまり目立たなくする効果もあるそうです。おなかや太もも、胸など、妊娠線の出来やすいところを下から上へ、中心から外側へとやさしくマッサージしましょう。プレママの中には、パパとしての自覚をもってもらうためにも毎晩ご主人にマッサージをしてもらった方もいるとか。

ただし、強いマッサージはおなかの赤ちゃんに悪影響を与える可能性もあるので、やさしくなでるようにすることを心掛けましょう。

できれば担当の医師や助産婦の指導を受けたほうがいいでしょう

オリーブオイルがいいって本当?

よく、口コミなどで「オリーブオイルをぬったら妊娠線ができなかった」という記事を見かけます。これは本当なのでしょうか?オリーブオイルにはビタミンEの抗酸化作用、美肌効果が期待できます。

それから、保湿成分があること。

乾燥が原因で、亀裂がさらに悪化してしまったり、かゆくて肌をひっかいてしまい、くすみが生じることもあります。そういった意味ではオリーブオイルを塗って効果しっかりと保湿すること妊娠線予防の一定の効果が期待できそうです

クリームといっしょにケア

マッサージの際に併用するといっそうの効果が期待できるのが妊娠線予防専用のクリーム。インターネット上には人気のクリームがたくさん紹介されています。オーガニックのもの、癒やし効果のある香りのものなど色々あるので、お気に入りの1品を見つけておくといいですね。

※関連記事:妊娠線予防以外にもバイオイルが注目される理由とは

いつ、どんなふうにケアすればいいの?

ここで大切なのが、継続してケアすること。いくらいいクリームを買って、いいマッサージをするとしても、継続しなくては意味がありません。

朝晩のスキンケアを同じように習慣にすることが重要です。特に朝は寝ている間に汗をかくせいで意外にも乾燥しています。入浴後、朝、そして日中でも乾燥しているなと感じた時はまめにケアするようしましょう。

ケアをしている時には、おなかの赤ちゃんがきっとより身近に感じられるはず。大事な肌と赤ちゃんのために、きちんとムリなく予防ケアを続けましょうね!