産後のひどい抜け毛

カーペットを掃除したり、排水口に詰まった抜け毛を見て、思わず絶句された方もいるのではないでしょうか。 実は大半のお母さんが産後、抜け毛に悩まされているのです。その量は少ない人もいますが、中にはあまりに髪が抜けて深刻な不安を抱えている方もいます。

しかし、産後の抜け毛は多くの人が経験すること。あまり悩みを抱え込まないよう、安心してくださいね。

抜け毛の原因

産後の抜け毛の原因はエストロゲンとプロゲステロンというホルモンの減少です。妊娠中は母体と赤ちゃんを守る為、この二つのホルモンの分泌量が増加します。ところが出産を終えるとホルモンの分泌量は一気に減少し、正常な状態より下回ってしまうことが多々あります。

エストロゲンは肌の美しさの他に、髪のハリを保つ役割を果たし、プロゲステロンは、髪の毛の寿命を延ばす役割を持っています。

また、産後の環境の変化や睡眠不足などによるストレスが抜け毛の原因になっているケースもあるようです。

改善方法

血行促進

まず、産後の抜け毛対策にお勧めしたいのは血行促進です。

実は、髪の生え際に対して重要なのは血液の流れを良くすることなのです。血行を良くする方法のひとつはマッサージ。こめかみの横あたりの頭皮を五本の指の腹で少し強めに抑え、頭のてっぺんに向かって押し上げます。これを数回繰り返すだけで、全く違います。短い時間でも毎日行う方が効果的でしょう。

頭皮マッサージ

また、シャンプー前にマッサージを行うことで、老廃物の排出がスムーズに出来るようになります。

シャンプーと育毛剤

抜け毛対策には、頭皮の汚れをしっかり落し、栄養を与えることが大切です。その為にはシャンプーで頭皮を清潔に保ち、育毛剤で栄養補給をしましょう。ワックスや整髪剤が髪の毛や頭皮に残っていると毛髪に対しても頭皮に対しても多大なダメージを与えます。アミノ酸系の低刺激シャンプーを選び、しっかり洗い流してください。育毛剤もなるべく刺激が少ない商品を選ぶよう心がけた方が良いでしょう。

産後抜け毛

ドライヤー

シャンプーをした後はドライヤーをきちんとかけるようにしましょう。

忙しくて自然乾燥という方もいるかもしれませんが、自然乾燥は抜け毛にとってはNG。ドライヤーをすると抜け毛が目立つ気がして余計嫌かもしれませんが、髪を洗った後は必ず乾かしてください。ドライヤーをかける際はしっかりタオルで水分を落としてから、根元に当て、最後は冷風を当てて仕上げます。その際、ブラッシングをして血行を促進することも大切です。

睡眠

赤ちゃんがいると、なかなか規則正しい睡眠を取ることも難しいでしょう。

しかし、睡眠不足は抜け毛の一因でもあります。疲労を溜め込むと身体の血行は悪くなり、頭皮の血管も滞りがちです。22時~翌2時の間は成長ホルモンが分泌される時間です。この時間にお肌は調子を整え、髪の毛にも大きな影響を与えます。髪の毛は睡眠中に伸びると言われています。この時間に深い睡眠を取ることが抜け毛対策にも重要なのです。

食べ物

抜け毛対策に有効な食べ物はたくさんあります。ひとつはエストロゲンと同じ働きをするものや分泌させる為の栄養素を多く含んだもの。代表格は大豆です。大豆はエストロゲンと同じ働きをし、男性ホルモンを抑える為、女性の産後だけではなく、男性の抜け毛対策においても有名な食品です。

次に、エストロゲンを分泌させる為のボロンという成分を多く含んだ食べ物です。分泌させるだけではなく、その濃度を高くすることで知られています。食べ物では、ひじきや寒天、キャベツなどに多く含まれています。ただし、ボロンは熱に弱いので、生で食べられる食品や調理方法で摂ることが望ましいでしょう。

抜け毛には亜鉛を多く含む食べ物を積極的に摂ると良いとも言われています。亜鉛は髪にとって重要な栄養素のひとつで、成長ホルモンを助ける働きがあります。抜け毛を減らし、伸びるのを早くし、髪の毛のコシやハリを強化します。亜鉛は牡蠣やレバー、アーモンドなどに多く含まれています。

葉酸が含まれる食べ物も進んで摂った方が良いでしょう。葉酸は妊娠中だけでなく、産後もお母さんをサポートしてくれる栄養素です。枝豆やほうれん草、アスパラガス、ブロッコリーなどに多く含まれることが知られています。ただ、葉酸は熱に弱い成分です。なるべく生で食べるか、溶け出した汁ごと飲めるスープなどの摂り方が良いでしょう。

また、血行を良くする食べ物も摂りましょう。玄米や豆類、しょうがや根菜など、身体を温める効果がある食品が望ましいでしょう。

ヘアスタイル

しかし、赤ちゃんを抱えたお母さんの中には様々な事情で睡眠が取ることができず、十分な食事を摂ることが出来ない方もいらっしゃるでしょう。そんな時の応急処置として、ヘアスタイルを変えてみてはいかがでしょうか。

まずは思い切ってショートスタイル。ふんわり分け目が分かりにくいスタイルは抜け毛の部分を目立たなくしてくれます。ボブスタイルも良いですね。ボブならねじりアレンジで、抜け毛部分を隠しつつ楽しむことも出来ます。ロングであれば、お団子やポニーテールなどのヘアアレンジも可能です。

悩まないこと

抜け毛に悩む人にとってストレスは大敵です。女性にとって髪は命。今まで経験してこなかったので、このまま薄くなってしまうのでは。と、とても不安を感じるのも無理はありませんが、産後の抜け毛はみんなが経験することなのです。1人で悩みを抱え込まず、友人やパートナーに話すことで、不安から解放することも大切です。