産後の骨盤の歪みによって起きる体形変化や腰痛に悩むママはおよそ8割もいるのだとか。

女性にとって妊娠や出産はかけがえのない喜びですが、だからと言ってスタイルが崩れたり病気になるのは避けたいものです。

そこで今日は、産後の骨盤の歪みを解消するために効果的な骨盤矯正ベルトについて、詳しくご紹介していきます。

骨盤の歪みが及ぼす影響とは

女性は妊娠すると、分泌されるホルモンによって骨盤が少しずつ緩んで行き、胎盤や産道の確保の準備に入ります。

そして、出産時には骨盤を開いて赤ちゃんの誕生を促すのですが、その頃の骨盤はさらなる緩みによって歪みが大きくなっています。

また、出産後に関しても、産後の骨盤は妊娠前と比べると大変柔らかいため、授乳中や抱っこの姿勢によってすぐに歪んでしまうことが分かっています。

こうした状況の中、産後の骨盤を歪ませたまま放置しておくことは、骨盤周辺などの下半身の血行を悪くさせ、充分な脂肪燃焼のできない太りやすい体質へと導くなど、母体にさまざまなデメリットを生じさせる恐れがあるので注意が必要です。

下半身の血流が悪くなることで生じるデメリットは、肩コリや腰痛だけでなく、新陳代謝低下による冷えや便秘にもつながると言った健康面への影響も出てきます。

冷えは万病の元とも言われますが、特に女性には、血行不良が不妊や婦人科系疾患にダイレクトにつながっており、冷えは第二子不妊の大きな原因にもなっています。

産後に骨盤矯正ベルトがおすすめな理由


骨盤矯正ベルトには、骨盤を締めつけるように装着することで、歪んだ骨盤の位置を正常に戻していくと言った効果が期待できます。

妊娠中に緩みながら広がった骨盤は、妊娠前の状態に完全に戻ることはありませんが、産後3カ月から半年ほどかけてゆっくりと正常な位置に戻ろうとしていくため、その時期にベルトを使った骨盤矯正は大変おすすめです。

骨盤矯正ベルトによって骨盤が正常な位置に戻ると、姿勢や体形など外見だけではなく身体の中からも良い変化が訪れます。

骨盤にメルトを巻くだけで脂肪燃焼によるダイエットができる訳ではありませんが、骨盤付近の血行が良くなることで新陳代謝が活発になります。

代謝が上がることで、内臓の働きや血液やリンパの液の循環も良くなるため、結果として健康的かつ太りにくい体質となり、産後ダイエットにも良い影響を与えてくれます。

また、骨盤は多くの筋肉で支えられていますが、産前産後の運動不足により筋肉が衰えると骨盤も下がり歪んで行きます。

そういった場合も、骨盤ベルトが筋肉の代わりとなって骨盤を正常な位置でキープしてくれると言ったメリットがあります。

産後の骨盤ベルトの選び方

サイズ

産後の骨盤ベルトを選ぶ際は、ベルトがマジックテープになっていたり伸縮性のある、サイズ調整ができるものを選ぶと良いでしょう。

目安としては、妊娠中の体重増加が8キロ以下であれば妊娠前のサイズ、8キロ以上増えた人はワンサイズ大きいものを選ぶことをおすすめします。

素材

骨盤ベルトは、身に付けた時に圧迫感や違和感の無い素材を選ぶことが大切です。

固すぎる素材の場合骨盤を締めつけるサポート力は高いものの、育児や家事など日常生活の動作がしづらいと言った点がありますし、柔らか過ぎる場合は動きやすく外見に響かないといったメリットがある半面、矯正力に欠けると言ったデメリットもあります。

どのような素材が良いか手に取っただけでは分からない場合は、試着ができる店舗でしっかりと装着してから購入することをおすすめします。

骨盤ベルトの巻き方

骨盤ベルトは、恥骨(へその真っすぐ下にある硬い骨)と大転子(恥骨から左右にある出っ張りのある太ももの骨)のラインに巻いて使用します。

骨盤ベルトを巻く時は、手のひらが恥骨辺りに入る程度の余裕を持たせることがポイントです。

効果が上がるようにときつくしっかり巻くと、逆に血流が滞らせてむくみや腰痛の原因にもなってしまうので注意しましょう。

目安としては、正座をしてもキツいと感じない程度に巻き、授乳や家事の際はベルトがズレることもあるので、身体を動かした後は位置を確認することが大切です。

産後の骨盤矯正ベルト人気3選

トコちゃんベルトⅡ

数あるトコちゃんベルトの中でも、トコちゃんベルトⅡは、妊娠中はもちろん産後まで幅広い期間で使える万能タイプのベルトです。

骨盤を前から後ろにしっかりと支えることで、妊娠中の骨盤関節の緩みを防いで、産後には緩みの回復をしっかりサポートしてくれます。

一般的な骨盤矯正ベルトとは違い、お尻の割れ目部分の両側を寄せているため、身体の横から後へと力が加わり、産後にくる腰痛やお尻の痛みにも配慮した作りになっています。

また、こちらは医学的根拠に基づいて作られているため、多くの産院では産後すぐからの着用を推奨しており、その信頼性は折り紙つきです。

ワコール産後骨盤ベルト

こちらは、下着メーカー大手であるワコールと日本助産師会の共同開発によって誕生した機能的な矯正ベルトです。

幅広なストレッチゴムとお尻のラインに沿った立体設計によって、程良い締めつけ感のある快適な付け心地が実現。

伸度のあるベルトは二重になっているため動いてもズレにくいのが特徴で、外側のベルトで長さを自由に調整しながら緩んだ骨盤を締めていきます。

また、背中側のベルト部分は幅広タイプになっており、お尻をしっかり支えてくれるため、気になる後姿のシルエットにも効果的です。

出産後すぐに使えるため、帝王切開後の骨盤ケアにも大いに役立っています。

犬印本舗 産後骨盤ケアベルト

こちらは、多くのマタニティ商品を手掛ける犬印本舗が「締めても動きやすい」をコンセプトに開発した骨盤矯正ベルトです。

骨盤加圧期である妊娠中から使用でき、産後2週間以降からは骨盤に適度な圧をかけて安定させていく効果が期待できます

2枚のパネルで仙骨を支え、筋肉のバランスを取ってくれるため身体にしっかりフィットし、両脇の補助ベルトがズレを防止してくれます。

肌に直接触れる部分は綿でできているため、肌の弱い女性も快適に使えるようになっています。

また、腹部は細めのベルトなので座った時などズレにくく、薄くてかさばりにくい仕様となっているため、育児や家事などの日常生活の妨げになりません。