出産後に脇の黒ずみで悩む女性は多く、日に当たっていたわけでもないのにどうして?と戸惑う方も少なくありません。これは、妊娠中のホルモンバランスの変化が原因であり、赤ちゃんを守るのに大切な役割でもあったのです。

このまま黒ずみが治らなかったらどうしよう、という方、改善策もありますのでご安心ください。

産後の黒ずみの原因とその対策を詳しくご紹介します。

どうして黒ずんでしまうの?

出産後は、脇だけでなく乳首や外陰部も黒ずみやすくなります。

黒ずんでしまう原因は、ホルモンバランスが崩れることにあるようです。妊娠20週くらいからエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類の女性ホルモンが急激に増加します。これらのホルモンは、妊娠中のママの肌を強くしようとメラニンの分泌を促進させます。

赤ちゃんを守るためというのは、このことだったのです。

そこにホルモンバランスの乱れからくる肌の代謝不足がプラスされることで、メラニンの蓄積も起こってしまうのです。さらに脇や乳首、外陰部などはもともとメラニン色素を多くもっているため、影響を受けやすい部分だといえます。

ショックな黒ずみ、もう治らない!?

出産後ホルモンバランスが正常に働き出し、肌の代謝が戻ってくると、自然ときれいになっていくようです。

専門家によると、個人差はありますが半年ほどでほとんど消えたという人が多いので、そこまで気に病まなくても大丈夫とのこと。脇の黒ずみは思ったよりもショッキングなものですから、改善できると分かればちょっと安心ですよね。

またこのことから、脇の黒ずみケアには「代謝をあげる」ということがポイントになるということが分かります。

そうは言っても早く治したい!

出産の時期が春や夏だと薄着になることも多いので、脇の黒ずみはなるべく早く治したいものですよね。先述のように、黒ずみの早期改善には肌の代謝をあげるケアが重要になってきます。さらにもうひとつ大事なのが保湿。

それを踏まえたうえで、これから黒ずみケアに大切な4つのポイントをご紹介します。

脇の皮膚はデリケート!ムダ毛処理もマイルドに

脇といえば、女性にとって欠かせないのがムダ毛の処理。カミソリや毛抜き、除毛剤など、いろいろな処理方法がありますが、脇の肌はデリケートなため、多くの方法が肌を傷める原因になってしまいます。肌の傷みは黒ずみの原因にもなりますし、産後の黒ずみ改善も遅らせてしまうことに。

中でも最も肌に負担がかかるのが毛抜きを使っての処理です。毛抜きで毛を抜くことによって毛穴が炎症し、肌のたるみも引き起こしてしまうので黒ずみも悪化させてしまう可能性があります。その他、除毛剤、カミソリなども肌にかなり負担がかかりますのでなるべく避けるようにしましょう。

自分でできるムダ毛処理の中では電気シェーバーがおすすめです。肌にあたる外刃は滑らかで、内刃は肌に直接あたらない構造になっているので、皮膚を削る心配がありません。深剃りできないというデメリットもありますが、ここはあくまで肌への負担を最優先に検討してみてください。

ジェルやクリームで保湿

脇の黒ずみ改善には、うるおいを与えることがとても重要です。

保湿ケアを強化することで、肌のもつバリア機能を高めて、ターンオーバーを促進し黒ずみのもとであるメラニンの排出を目指します。保湿力の高いヒアルロン酸やコラーゲンを豊富に含むクリームなどでのケアがおすすめです。

あまり効果が感じられない場合は、日々のムダ毛ケアなどで肌が傷んでいる可能性があります。ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなど、傷んだ肌を修復することができる成分が入っている保湿クリームやジェルでたっぷり肌をいたわりましょう。

脇の黒ずみ専用の保湿クリームなどもありますので、肌への刺激の少ないものであればそちらを使用するのも良いですね。

⇒ おすすめなワキの黒ずみ対策専用ジェル

毎日使うボディタオルも優しい素材に

産後はとくに肌がデリケートなので、脇を洗う時にもゴシゴシ洗いは禁物です。たっぷりの泡でやさしくなでるように洗うなどして、とにかく刺激を与えないように気をつけましょう。ナイロン製のボディタオルは実は色素沈着のもと。ボディタオルを綿素材のものにしたり、泡立てネットを使うなどして日頃から肌への負担を軽減しましょう。

食べ物でターンオーバーを促進する

脇の黒ずみ改善には、肌のターンオーバーを正常化させることが大切です。保湿ももちろんですが、食品からもターンオーバーを促進させる栄養素を摂ることができます。

ビタミンEは、血液の循環をよくし、体の老廃物を排出させる効果があります。ビタミンEを多く含む食品として、アーモンドや胡麻、なたね油、明太子、筋子など、野菜ではモロヘイヤやカボチャなどが挙げられます。

また、コラーゲンとビタミンCを一緒に摂ることで、肌の生成がより促進されます。コラーゲンを含む食品は豚肉、ふかひれ、うなぎなど。さらにビタミンCを多く含むレモンやブロッコリー、小松菜などを合わせて献立に取り入れると、とても効果的です。

おわりに

産後の脇の黒ずみケアを4つのポイントに分けてご紹介しました。ムダ毛の処理方法や脇の洗い方、ターンオーバーを促進する食品などは毎日の生活で取り入れやすいものなので、気軽にチャレンジしてみてください。

保湿クリームやジェルなどは、専門的に詳しいお店のスタッフなどに黒ずみ改善に効果のある商品を勧めてもらうなどして、自分の肌に合ったものを探してみましょう。

産後に限らず、代謝アップは美肌にとって欠かせないもの。今回ご紹介した方法で効果を感じたら、ぜひこれからも続けてみてください。