愛する人と結婚して、子どもを授かったのになぜか旦那に対してイライラしてしまう、という現象が起こることがあります。この現象のことを産後クライシスと呼ぶそうです。悪化すると離婚してしまう可能性もあるこの現象は、一体なぜ起こるのでしょうか?

産後クライシスとは?

産後クライシスとは、子どもを産んでから2年の間に夫婦間が冷め切ってしまうことをいいます。子どもがまだ小さいにも関わらず、この2年の間に離婚してしまう夫婦は約3割もいるようです。

子どもを産んでからなぜか旦那に対して愛情がわかない、旦那に対してイライラしてしまう、あなたやあなたの周りの奥さんはこのような現象に悩まされていませんか?離婚して家族がバラバラになってしまう前に、対処することが大切です。

なぜ産後クライシスが起きてしまうの?

子どもも生まれ、愛し合った夫婦がなぜ離婚という悲しい結末を迎えてしまうのでしょうか?そこには様々な理由が絡み合っていました。

ホルモンバランスの乱れ

女性は、妊娠中に「エストロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンが分泌されます。このホルモンは、一般的に女性ホルモンと呼ばれており、赤ちゃんを育てるために大切な役割を持っています。しかし、赤ちゃんを出産すると一気に女性ホルモンが減ってしまいます。そうすると、体や心に不調をきたしてしまうのです。ちなみに、この女性ホルモンが減少するのは月経前にも起こる現象です。生理前はどうしてもイライラするし、何もしたくないと思ってしまいませんか?簡単にいうと、あのような状況が出産後にも起こってしまうのです。

残念ながら、このイライラや不調は自分ではコントロールすることが難しいものです。男性には理解が難しい現象のため、夫婦間に亀裂が入ってしまう可能性が出てきてしまうというわけです。

夫婦間での認識の違い

一般的に、女性は妊娠したときから母親になるといわれています。毎日お腹にいるからこそ実感がわくのかもしれません。一方の男性は、なかなか父親になれないといわれています。子どもが生まれると一気に父親になる男性もいますが、残念な事に父親の自覚がないままの男性もいます。母親は毎日子どもの世話をしたり、食事を与えたりと子ども中心の生活に切り替わっていきますが、父親としての自覚がない男性の場合には、いつまでも奥さんに負担をかけるようなことしかしないのです。

オムツを替えたり、泣いたら世話をしたりと赤ちゃんの世話は山ほどありますし、更に家事や仕事などもこなさなくてはなりません。それなのに、旦那がまったく手伝おうとしないうえ、自分の要求を通そうとする姿を見ていると不満もイライラもどんどん溜まっていってしまいます。それが限界を超えたときに離婚になってしまうのでしょう。

イクメンを期待しすぎてしまう

最近は、家事や育児をする男性「イクメン」が注目されています。女性としては、亭主関白でなにもしない男性よりも、家事や育児を手伝ってくれる男性の方が嬉しいですよね。しかし、自分の旦那さんにイクメンを期待しすぎるのは、あまりおすすめできません。

本当になにもしない亭主関白のような男性もいますし、子どもと遊んだり、抱っこするだけなど、子育てのいいところにしか関わらず、イクメンを気取るという男性も中にはいます。TVや雑誌のようなイクメンに期待しすぎると、疲れやショックから現実が受け入れられなくなってしまう可能性もあります。そうならないためには、最初からあまり期待しないほうがいいのかもしれません。

産後クライシスを起こさないためにはどうすべき?

いろいろな理由が重なって産後クライシスを起こしてしまうわけですが、起こさないためには何を気をつければいいのでしょうか?最悪の事態を起こさないためにも、対処方を知っておきましょう。

実家に助けてもらう

育児は自分ひとりではできません。なので、育児の大先輩でもある実家のお母さんに頼ってみてはいかがでしょう。旦那さんの実家だと気を使ってしまいますが、自分の実家ならリラックスできるはず。愚痴を聞いてもらうだけでも心が軽くなるはずですよ。

旦那さんに手伝ってもらう

産後クライシスに陥りやすいのが、旦那さんがなにも育児をしないことだといわれています。なので、積極的に育児を手伝ってもらうことがベストです。男性は、女性のように雰囲気で察するのが苦手なことも多いため、口で手伝って欲しいというようにしましょう。そのときも、上からではなくお願いするように言うと効果的なようです。上手に旦那さんを動かせるかがポイントです。

外部の機関を頼る

しかし、人によっては実家も旦那さんにも頼れないということがあるでしょう。そんな人は、一度ファミリーサポートセンターなどの外部機関に頼ってみてください。地域の子育てなどを支援しているので、きっと力になってくれるでしょう。

まとめ

育児を完璧にやろうと思っても、なかなかうまくいかないものです。育児本の通りにならなくても、家族が幸せならいいじゃないですか?まずは気持ちをリラックスさせることからはじめてみましょう。そして、ストレスなどを溜めて産後クライシスに陥る前に、周りに助けてもらうようにしましょう。