お産の後のママたちの体は、体全体に脂肪がつき、見た目はムッチリしています。特に、お腹周りには皮下脂肪が多くついているので、「あれまだ何か入ってる?」なんて感じてしまうほど。そして、出産により骨盤が開いてしまっているので下半身がなんだかどっしりして見えますね。

そんな体形にも加え、産後うつ病を発症するケースもあるなど、メンタル面でもとても不安定な時期なのです。

心身ともにデリケートな状態で、さらに不眠不休のなれない育児でママたちは本当にヘトヘトなのです。「早く出産前の体型に戻りたい」「産後ダイエットしたい」という気持ちはもっともですが、絶対に無理は禁物なのです!ここでは産後ダイエットで知っておいてほしいことを紹介します。

産後太りの原因をさぐれ!

産後ダイエットの前に産後太りの原因を整理しておきましょう。産後太りには大きな原因が3つあります。

産後の流動性脂肪

妊娠&出産により、流動性脂肪が身体のいたるところについています。だから出産後はふっくらムチムチしているのですね。

でもこれは出産まで赤ちゃんを守るためにたくさんの脂肪で栄養を蓄えていたからなのです。

骨盤のゆがみ

骨盤が開かなければ、赤ちゃんが産道を通って出てくることができないので、産後は骨盤が大きくゆがんでいます。そして、そのゆがみのせいで、下半身が妙にどっしりとして感じるのです。

食生活の乱れ

産後は生活がガラリと変わってとってもストレスがたまりがち。いけない、いけないと思いつつ、スイーツやスナックの類いを手を出してしまったり、時間がないので簡単な食事でつませてしまったりと食生活が乱れてしまうのはよくあること。そうしたことが産後太りに拍車をかけていってしまうのです。

いつからがいい?産後ダイエット

「一刻も早くもとの体型に戻りたい」そんな風にあせる気持ちはよく分かりますが、出産時にママにかかる負担は人それぞれ。
お産の直後からとっても元気なママもいますが、中には1年間くらい体調がすぐれない人もいます。ですから、ダイエットを始めるのに適した時期も人によって違ってくるのです。

安心なのは産婦人科の先生に相談してみることです。

大抵の場合、体調が安定してくる産後1カ月~1カ月半ぐらいから、ダイエットを始めるママが多いそうです。ちなみに6カ月以上たつと、体についた流動性脂肪が落ちにくくなるので、それ以前には始めるようにしましょう。

産後ダイエットを始める前に注意してほしいこと

産後は心身ともにデリケートになっていますので、無理なダイエットをすると体調を崩したり、基礎代謝が低下してしまってさらに太りやすい体になるという最悪のケースに陥ってしまうこともありえます。また、産後間もないのに、ダイエットのために無理な運動をしたり、重い物を持ったり、また足を踏ん張るような姿勢をしたりすると、さらに骨盤に負担をかけることになりかねないので要注意です。

最優先すべきはママの体の回復です。回復を待つなかで横座りや足を組むことはやめ、座る時は姿勢を正し、お尻のお肉を手で中央に寄せるようにしましょう。そしてまずは妊娠中に衰えてしまった筋力、筋肉を取り戻すことを重点におきましょう。同時にお産で開いた骨盤を締めることをポイントにしてみましょう。

そうすれば落ちてしまった基礎代謝量を妊娠前に戻すことができますし、自然に元の体型に戻り、妊娠中に履けなかったあのジーンズに足を通すこともできるでしょう。

次に無理なく元の体に戻すことのできる方法を紹介します。

リフォーム下着をつけてみて

お産の後は一時的に骨盤が開いた状態にあります。 骨盤がうまく元に戻らないと、開いた骨盤の中に胃や腸が入り込んでしまって下腹部が出てしまったり、お尻が大きくなってしまうことにもつながります。

そんな骨盤を締めるため、また妊娠中に弱くなった腹筋&背筋を鍛えるためにも、産後1~2カ月の間はリフォーム下着をつけましょう。多くの種類がありますが、面ファスナー式の産後ニッパー、骨盤ベルト、コルセット、サポーターといわれるものなどが手軽でオススメです。

これは皮膚の上から締めることでお腹を引っこめたりウエストを元に戻すよりもというよりも、開いてしまったり歪んでしまっている骨盤を正常な状態に矯正することを目標としています。ですから、ウエスト部分をきつく締め上げるのではなく、骨盤の上を締めるような感じで巻くといいでしょう。 また下腹に巻くことで、おのずと下腹を意識し、腹筋&背筋を鍛えることにもつながるのです。

食生活の見直しと母乳でダイエット?

完全母乳のママにおすすめしたいのが母乳ダイエット。よく母乳にするとママが痩せると言われますね。

これは授乳中はかなりのカロリーを消費するからなのです。体内で作られた母乳が赤ちゃんのごはんになっているので、ある意味納得できますね。厚生労働省によると、授乳している女性の摂取すべきカロリーはプラス600kcalとなっています。

女性(18歳から29歳)が1日に消費するカロリーは1550kcalと言われているので、授乳に600kcalも消費するわけなのです。
普通、筋トレで600kcal消費するとしたら、80分間トレーニングし続けなければなりません。

また、母乳をよく出すためには、脂っぽいものや高カロリーのもの、塩分の取りすぎを控え、根野菜中心の和食にするのが好ましいと言われています。

これってつまり、ダイエット食ですよね。

この食習慣に変えると、母乳の出がよくなり、ダイエットにもつながるので、一石二鳥の産後ダイエットになるわけなのです。
ょうか。