「妊娠線」は、お腹の皮が大きく伸びることについていけず、真皮や皮下組織に亀裂が生じて赤紫色の線状斑が現れるものです。時間がたてば少しは薄くなりますが決して消すことはないので、体重管理に気を配って急激な増加を抑えたり、クリームを塗って皮膚を柔らかく保ったりして予防しましょう。

しかし、いくら気をつけていても、妊娠線を完全に防ぐことができるとは限りません。もしできてしまったら、どのようにすれば薄く消すことができるのでしょうか?

肌の保湿をする

オイルやクリームなどを塗って肌を保湿すると、妊娠線がそれ以上濃くなるのを防ぎ、徐々に薄く消す効果が期待できます。クリームだけでも良いですが、もっと保湿効果を高めたければオイルも併用するのがおすすめです。

妊娠中は化粧品の成分にも敏感になっているので、ホホバオイルやココナッツオイルなどの刺激が少ないオイルを選びましょう。これらのオイルを配合した妊娠線専用のものも市販されているので、そういうものを利用すると良いですね。クリームとちがって伸びにくいので、使うタイミングはお風呂上がりがおすすめ。手のひらで十分に温めたら妊娠線の気になる場所に塗り、軽くマッサージしながらじっくりとなじませていきましょう。

オイルを塗り終わったら、次はクリームを重ねていきます。普通の保湿クリームでもかまいませんが、より高い効果を期待するなら妊娠線専用のものが良いでしょう。

※お腹が張りやすい人は、医師に相談しながら行ってください。

オイルやクリーム選びで気をつけたいこと

オイルの種類やクリームに含まれる添加物によっては、お腹の赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうことがあります。次に挙げる種類のものは避け、妊婦さんに適したものを使いましょう。

パラベン

胎児の健やかな成長を妨げる。

サリチル酸、ビタミンA(レチノール、トレチノインなど)

胎児に奇形が起こる可能性がある。

ジャスミン、タイム、ローズマリー、クラリセージなどのアロマオイル

子宮を収縮させる作用がある。

口コミで評判の良い妊娠線用オイル・クリーム

AMOMA:マタニティオイル



合成香料や合成着色料無添加、100%植物性原料で作られた徐々に薄く消すオイルです。米ぬか由来の「ライスオイル」と「マカダミアナッツオイル」を使用し、嫌なベトつきを極力抑えているので使い心地抜群。マンダリンの優しい香りで、心からリラックスできます。

ナチュラルサイエンス:ナチュラルマーククリーム

無香料・無着色、低刺激処方で、肌の弱い人でも安心して徐々に薄く消すのに使えます。すーっと伸びてベタつかず、8時間以上肌のうるおいをキープ。マッサージの必要がないので、忙しい妊婦さんでも無理なく続けることができます。

ノコア:アフターボディ トリートメントクリーム

夏用ノコア

「肌に悪い」というイメージがある界面活性剤を使用していませんので、徐々に薄く消すのにピッタリです。

皮膚科での妊娠線治療

どんな方法を試しても妊娠線が薄くならない時は、専門家である皮膚科で相談するのも一つの対処法です。主に、次のような方法で治療が行われます。

サーマクール

レーザー光線の何倍も強力な「ラジオ波」と呼ばれる高周波エネルギーを照射し、コラーゲンの再生を促して妊娠線を目立たなくする方法です。痛みはほとんどありませんが、気になる場合は麻酔を使うこともできます。

ただし、即効性は期待できません。施術してから効果が表れるまでに3カ月ほどかかるので、気長に変化を待ちましょう。

フラクセルレーザー

レーザー光を使って肌の表面にごく小さな穴を開け、人間が本来持っている自然治癒能力を利用して皮膚の再生を促す治療法です。人によっては2日間ほど赤みが残る場合がありますが、ダウンタイムはほとんどなく、日常生活に支障が出る心配はありません。

妊娠線を防ぐための体重管理の仕方

妊娠線はお腹の皮が引っ張られることが原因でできるので、伸び方のスピードが急であればあるほどできる可能性が高くなります。これを防ぐには、食生活や運動に気をつけて体重の増え方を緩やかに抑えることが大切。次のポイントに気をつけましょう。

食べ過ぎない

「妊婦は赤ちゃんの分まで食べなくてはならない」というのは栄養状態が悪かった昔の話。妊娠中も普段通りの量を食べていれば十分です。つわりが終わった後はごはんがおいしく食べられるようになりますが、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。
味付けが濃いとごはんが進むので、塩分の摂り過ぎを防ぐためにも、おかずは薄味にすると良いですね。

適度に体を動かす

お腹が張るような激しい運動はNGですが、自分が心地よいと思える程度の運動ならどんどん行ってください。近所をゆっくりと散歩したり、家の掃除をしたりするだけでも効果がありますよ。

また、妊婦さんのために考案されたマタニティビクスやマタニティスイミングなどに参加するのもおすすめ。同じ立場の人がたくさん集まるので、友達づくりや情報交換にも役立ちます。

最後に

妊娠線ができてしまうかどうかは体質にもよるので、どんなに気をつけていても完全に防ぐことは難しいです。しかし、毎日オイルやクリームを塗って肌を柔軟に保ったり、体重管理に気を配ったりすることで亀裂を最小限に抑えることはできるので、出産まで気を抜かずにお手入れを続けましょう。

できてしまった時は、自宅でのマッサージや皮膚科の治療で消すのが効果的です。