妊娠11週目は、赤ちゃんの成長とともに少しずつお腹のふくらみが出てくる時期です。

胎動をまだハッキリとは感じられないものの、胎児の臓器は全て形成されてお腹の中で元気に動き回るようになるなど、赤ちゃんに撮って著しい成長がみられる時期でもあります。

今日はそんな妊娠11週目のママや赤ちゃんの様子や、この時期ならではの注意すべき点やおさえたいポイントについてご紹介いたします。

妊娠11週目の赤ちゃんの様子

妊娠3カ月4週目に入った赤ちゃんは、口の周りに骨が形成され鼻が分離することで、口を動かしたりあくびをしたり匂いを嗅ぐことも可能となり、顔はクッキリとした印象を持つようになります。

この時期の赤ちゃんの大きさは4~6cm、重さは10~15g程度となり、手足が長くなり筋肉もついてくるため動きは大変活発になり、足を動かして歩くような反復運動をするようになります。

すい臓の発達により血糖値をコントロールするインスリンの分泌が始まりますが、それに併せて腎臓の機能も働くようになるため、胎児は栄養として摂りこんだ羊水を、膀胱から尿として排出できるようになります。

ちなみに、排せつされた尿は羊水の中に放たれるわけですが、胎児は体内で羊水を浄化することができるため、羊水の中に尿が混ざっていても何ら問題はありません。

更に、すい臓以外にも胆のうや甲状腺も11週目には揃うため、既に作られていた脳や心臓、肺や胃腸、腎臓や肝臓などの主要器官も併せて、全ての臓器の器官形成が完了するのもこの時期となっています。

脳に至っては出生時と同じ状態まで構造が完成し、温度や振動を感じ取ることができるのもこの時期からだと言われています。

妊娠11週目のママの様子

妊娠11週目のママの子宮は、女性のこぶし大だった10週目と比べて、男性のこぶし大にまで大きくなります。

お腹の大きさはまだそんなに目立つものではないものの、ママは子宮が大きくなった気配をリアルに感じ取ることができるようになります。

妊娠11週目の母体は、女性ホルモンのさらなる増加に伴いありとあらゆる変化が起きる時期とも言われており、ようやくつわりが楽になった人もいれば、今までなかったつわりが急に始まった人もいるなど、個人差が大きく見られることがあります。

母体は徐々に妊婦らしい身体へと近づいていくため、お腹周りの毛が濃くなってきたり乳首が黒ずむなどの変化が見られますが、これらは出産が終わると自然と薄くなり次第に元の状態に戻っていくため、心配は無用です。

また、変化は体型や体調だけでなく、食欲や味覚にも現れ始め、過食傾向に陥ったり、今まで好きだったものが苦手になったり好きなものばかり食べてしまうなど、食への偏りが目立つようになるのもこの時期ならではの特徴と言えるでしょう。

妊娠11週目の妊婦に起こる体調の変化

この時期は、プロゲステロンと言う眠気を誘発するホルモンの分泌が盛んになるため、どれだけ寝ても眠くて眠くてたまらないと言う人も多くいます。

体調が悪い訳でもないのに横になるのは周囲に怠慢だと思われそうですが、妊娠中の眠気は赤ちゃんの成長に必要なホルモンの分泌によるものであり、避けて通ることはできません。

ちょっとしたストレスが胎児の成長に影響することもあるため、少しでも眠気を感じたら周囲を気にせずしっかりと睡眠を取ることが大切です。

また、母体の血液が栄養としてどんどん胎児へ注がれていくことから、立ちくらみや目まいなどの脳貧血の症状が出やすく、その場に立っていられなくなったり、ひどい時は失神して倒れてしまう危険もあるため、体調管理には充分な注意が必要となっています。

貧血を防ぐ意味でも好きな物ばかり食べる偏食は避け、栄養のバランスが取れた食事の他、鉄分が多く含まれた食品やサプリなどで補うようにしていきましょう。

そして、この時期は更に便通が悪くなるため、バナナやヨーグルト、ココアなどを積極的に摂ったり、起きぬけに白湯を一杯飲むなどで、スムーズな排便を促す必要があります。

ちなみに、腹痛を伴うひどい便秘の場合は、産婦人科で妊婦にも服用できる便秘薬を処方してもらえますので、間違っても自己判断で市販の便秘薬などを飲まないようにしてください。

まとめ

妊娠11週目になると、流産のリスクが減ることもあり、妊婦健診が今までの2週間に1回から4週間に1回になります。赤ちゃんの心拍もしっかりと確認することができる時期とあって、ホッと胸をなでおろすママもきっと多いことでしょう。

しかし、母体や胎児の状態によっては引き続き2週間に1回の検診を行う場合もありますし、次の検診までに少しでも不正出血あったり、体調が良くないと感じた場合には定期健診の時期に関係なく、早急に医師の診断を受ける必要があります。

もうじき安定期に入るとは言え、まだまだ流産のリスクは少なくはないことを念頭に、ゆったりとした穏やかな生活を心がけるようにしていきましょう。