妊娠16週目になると「妊娠中期」に分類され、安定期に入るころです。つわりが治まる人も多くやっと一安心できる時期ですよね。

今回は16週目の赤ちゃんの様子やママの体について、まとめていきたいと思います!

16週目、活発に動く赤ちゃん!

妊娠16週目(妊娠5カ月1週目)の赤ちゃんの大きさは頭殿長(頭からお尻までの長さ:座高)が110mmくらい、体重は80~100gほどになります。

関節がほぼ出来上がり、腕や足を元気に動かすようになります。骨に筋肉が付いていくことで首がしっかりし頭が持ち上がります。軟骨のように柔らかい骨が、徐々に硬くなってくるのもこのころ。皮下脂肪が付き始め、体温を保つ機能が発達していきます。

羊水の中で活発な動きをするようになり、手で顔を触ったり、手を合わせたり。エコー写真で見る赤ちゃんがより赤ちゃんらしくなっていくことに驚く人も多いでしょう。

この頃の赤ちゃんは一日に約18時間ほど睡眠をとっており、起きているときは瞬きをしたり、手足を動かしたり、羊水を飲んだり吸い込んだりして過ごしています。

妊娠中期になると赤ちゃんが良く動くようになることから、早い人は16週頃から胎動を感じ始めるママもいます。最初は「赤ちゃんがお腹を蹴った」というよりも「ぐにゃっと動いた気がする」「ポコポコした感じ」「お腹の中でぐるっとした」といったように人によって感じ方も違うようです。ゆったりとリラックスしている時に感じることが多く、出産まで胎動の回数は増え強くなっていきます。

胎動が始めると、他人がお腹に手であてていても感じることが出来るようになります。パパがママのおなかの中にいる赤ちゃんの動きに感動する日もそう遠くありませんよ。

体調が安定!体重増加に気を付けて

妊娠16週目頃は体調も安定し、つわりも収まってくる頃ですね。いわゆる「安定期」に入りますので、今まで妊娠を報告していなかった職場の人や友人に報告するのも良いでしょう。おなかがふっくらしてきて今まで着ていた服が着られなくなったり、苦しく感じるようになり、ゆったりした服やマタニティ用の服を着る人も多くなります。それにより周りも「もしかして妊娠しているのかな?」と気付く人も。周囲に妊娠が知られることで、親切にされたりアドバイスをされたり、励ましやいたわりの言葉をかけてもらえたり。それにより、あらためて妊娠していることを実感し、喜びを感じることでしょう。

体調が良い日が多くなると、同時に増すのが食欲。今まで気持ちが悪く食べられなかったものでも、何でも美味しく感じてしまえばやっぱり食べてしまいますよね。

妊娠前の体重に比べて1~3キロほどの増加であれば問題ありませんが、5キロ以上増えているなら要注意です。体重が増えすぎると、妊娠中毒症や妊娠糖尿病のリスクが高まったり、膝や腰に痛みを感じたり。また産道に余分な脂肪が付くと赤ちゃんが下りづらくなり、出産が長引くこともあるのです。

間食は食べ過ぎないようにし、脂っこいものやバランスの悪い食事は改善しましょう。ジャンクフードを避け、カルシウムや鉄分を重点的に摂取するように心がけましょう。

健康のためにも軽い運動をするのもいいですね。激しい運動は避け、買い物に徒歩で行くようにしたり寝る前にストレッチをしたりするのもおススメ。運動によって体重管理をするのではなく、体力をつけたり健康を維持するために行うと考えましょう。

「戌の日」に安産祈願に行こう

妊娠5カ月目の最初の「戌の日」に安産祈願のお参りに行く風習があります。犬はたくさん子どもを産み、お産が軽いことから、安産の守り神になったという言い伝えがあります。地域によって多少違いはありますが、腹帯を巻き安産をお祈りする儀式をする「帯祝い」を行います。大安の「戌の日」でかつ土日祝日と重なると、安産祈願で有名な神社は混雑しますので、時間に余裕を持って家族と行くと良いでしょう。

またこの腹帯ですが、意外と実用的。大きくなるお腹を支えたり保護する役目があり、冷えからも守ってくれます。ただお腹の過度の締め付けは厳禁ですので注意しましょう。

⇒ 詳しくは、戌の日なびへ

「シムスの姿勢」って知ってる?

少しずつお腹が重くなると寝る際にも息苦しくなりますよね。お腹の重みで血管が圧迫されてむくみが起きやすくなったり、静脈瘤になることも。

おススメは「シムスの姿勢」で、片膝を曲げた姿勢で横向きに寝る方法です。脚にクッションを挟んだり抱き枕を使うと更に楽になるという人も。これはますます大きくなるお腹を気にしすぎずにリラックスできる姿勢です。

またお腹が大きくなってくると、重心が前方にずれ前に倒れないように体が歪みやすくなります。妊娠中に腰痛に悩まされる人は姿勢を意識していない人が少なくないのです。立ち方や座り方、歩き方とその姿勢には気を遣い、正しい姿勢を心がけるようにすることが大切です。正しい姿勢であっても長い時間同じ姿勢でいると、むくみやすく疲労もたまりやすくなるため、時々は姿勢を変えるようにしましょう。

妊娠16週目は赤ちゃんがぐんぐん成長する時期です。

警戒しすぎる必要はありませんが、逆に無理をし過ぎるのも良くありません。気持ちをリラックス、リフレッシュさせながら、この時期のおなかの赤ちゃんとの日々を大切にしていきましょう!