妊娠19週目というと5カ月の最後の週にあたります。これまではほとんどお腹が目立たなかった妊婦さんも、この時期に入ると少しずつお腹が大きくなり始めてきます。それまで、ずっとつわりに悩まされてきたかたも、妊娠19週目にはいると辛い症状もおさまってくるころでしょう。この時期、お母さんと赤ちゃんにはどのような変化がみられるものなのでしょうか?それぞれ分けて解説していきましょう。

妊娠19週目に入った赤ちゃんの成長度合いは?

妊娠19週目に入った赤ちゃんは、急激に成長を続けている時期にあります。内臓でいえば、腎臓や膀胱が完成してくる時期です。飲んだ羊水を排出するようにもなります。胎児の大きさは160~200ミリ程にまで成長しているのが一般的です。また、体重も200~280グラムくらいになっています。体つきも、3頭身から4頭身など赤ちゃんらしい体型になってくるのも、この19週目あたりといえるでしょう。

このころになると性別がわかるようになっている場合も

19週目に入った胎児は、すでに性器もほぼ完成している状態です。早い場合ですと、この時期にも男女問わず性別がわかることがあります。ただし、エコー検査などはあまり鮮明に見えないことも多く、誤った性別を伝えないために、もう少し先まで性別は教えないようにしている医師もいます。この時期に「男児」ないしは「女児」と聞いていたのに、のちに違っていたといわれるケースもあるため、ベビー服などの用意はもう少し先にした方が良いと考えているお母さんも多いようです。

胎動を感じるようになり始めるのも妊娠19週目あたりからです

それまで、なんとなく感じていた胎動も、19週目ともなると赤ちゃんの成長と共に、しっかりと感じられるようになります。お母さんが指で、おなかをトントンとノックすると、蹴り返すなどといった反応がみられる場合もあり、母子のコミュニケーションをとることができる場合もあるでしょう。耳もしっかりと聞こえるようになっている時期ですので、お母さんやお父さんの声に反応して動くこともあるかもしれませんね。

妊娠19週目のお母さんの状態は?

この時期、少しずつお腹が目立つようになるお母さんが多くなります。子宮の大きさは、大体大人の頭くらいの大きさまでになっています。そのため、目に見えてお腹が大きく見えるようになるのです。また、子宮が大きくなるにつれ、骨盤も徐々に緩み始めます。これによって腰痛などをひきおこしやすくなる妊婦さんも多くなり始めます。

妊娠19週目を迎えたらこんなことに気を付けて!

19週目ともなると、つわりも大体落ち着いてくるころでしょう。ご飯がおいしくなってくる時期でもありますが、皮下脂肪も付きやすくなり始めているため、食べ過ぎには要注意です。19週目以前と同じ食事量のつもりでも、身体が栄養を蓄えようとするため、体重増加につながりやすくなります。太り過ぎや急激な体重増加は、妊娠高血圧症候群のリスクを高めることにもつながります。専門家の指導の元、マタニティヨガやマタニティスイミング、ウォーキングなど適度な運動を取り入れるようにするとよいですね。

妊娠19週目の妊婦さんによくあるトラブルは?

体調面ではかなり落ち着きが出てきて元気になる妊婦さんも多い中、19週目に入るとあることに気がつく方も多くなってきます。それは、お肌の変化です。妊娠中に多く分泌される黄体ホルモンの影響で、肌に色素沈着がみられることがあるのです。お肌の色素沈着は、お肌の染みや日焼け、摩擦が多い個所の黒ずみなどの原因となります。産後、少しずつ沈着は元に戻ってはいきますが、日にあたる機会が多い方は、日焼け止めや保湿などを心がけるようにするとよいですね。ちなみに、意外な箇所では唇やわきの下なども、色素が濃くなり黒ずみやすい個所でもありますので、可能であれば保湿をするようにするとよいでしょう。

出産準備も徐々に進めていってOKです

これまでは、手持ちのゆったりとした洋服でも、問題なく着られたかもしれません。しかし、これからはどんどんお腹が大きくなってきますので、マタニティ服が必要になってきます。これを機会に、少しずつ身の回りの物や赤ちゃんの物を購入するなど、出産準備を進めていくのも良いでしょう。

まとめ

妊娠19週目は、つわりもおさまり体調が良くなってくる妊婦さんも増えてくることでしょう。気分的にも前向きになり、活動的になる方も増えてきます。とはいえ、安定期だからといって無理は禁物です。急激な体重増加を抑えるためにも、適度な運動は必要ですが、妊婦さんであることには変わりありません。体に負担にならない範囲で行うようにしましょう。

この時期には、目立つトラブルはそうありませんが、体重増加や肌の色素沈着には要注意です。先のことを考えて、できる範囲でケアをしていくようにしていると、産後も色々な意味で楽になるはずです。

また、胎児もこの時期になると、見た目にも赤ちゃんらしさが増してきます。エコー検査などで、性別がわかることもあるため、健診の際はドキドキして診察を受ける方もいらっしゃることでしょう。胎動もわかりやすくなってきています。お腹の中からお母さんの声なども聞こえていますので、毎日話しかけてあげると、コミュニケーションが取れるかもしれませんね。