妊娠20週目は、妊娠6カ月のスタートの週です。長いようで短い妊娠期間のちょうど折り返し地点にあたります。お腹もだいぶ大きくなってきて、日常生活に制限が出たりなど、今までどおりには動けなくなっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?この時期の胎児は一体どれくらい成長をしているのでしょうか?また、お母さんのおなかはどれほどまでに大きくなるものなのでしょうか?起きがちなお母さんの体調のトラブルもあわせてチェックしていきましょう。

妊娠20週目の胎児の成長はどれくらい?

この週数の胎児は、体重は250~350グラムほどにまで成長しています。赤ちゃんの大きさは、170~230ミリくらいにまでなっています。内臓や性器など、体のパーツはほぼすべて出来上がっている状態です。体形的にも、完全に赤ちゃんの形になっており、新生児と見た目的にも同じような体型となっています。

妊娠20週目ともなると赤ちゃんの顔だちもはっきりしてきます

妊娠20週目の胎児の顔は、もうすっかり赤ちゃんの顔になっています。まぶたなどもこの時期には成形されています。4Dエコーなどで胎児の顔を見ると、もしかすると「お母さん似、お父さん似」と判別できるほど、顔だちがはっきりしてきているかもしれませんよ。髪の毛も妊娠20週目ともなると、胎児によって個人差はあるものの、ちゃんと生えてきているのです。まつ毛もこの時期に生えてくるんですよ。

いつもの胎動と違う動きをしているときはしゃっくりかも

妊娠20週目になると、それまであまり胎動を感じなかったという方でも、頻繁に胎動を感じることができるようになります。また、この週数になると、胎内でしゃっくりをし始めるようになります。ぴくん、ぴくんと小さく続く胎動に、戸惑ってしまったり不安に感じるお母さんもいるようですが、全く心配はいりません。また、脳も発達し、感覚も敏感になってきます。大きな音や振動などでびっくりして飛び跳ねることもありますよ。

妊娠20週のお母さんのおなかはどれくらいの大きさに?

胎児の成長はもちろんの事、妊娠20週目になるとお腹の中の羊水の量がぐんと増えてきます。そのため、お母さんのおなかは目に見えて大きくなるのです。子宮の大きさは、妊娠前のおよそ3倍!子宮底長は19~25cm程にまでなっています。妊娠20週目に入ったばかりの頃は、大体グレープフルーツよりちょっと大きいくらいのサイズではありますが、ここから毎週1センチほどずつ大きくなっていくのです。

身体も重く転びやすくなるので注意

ここまで来ると、足元が見えにくくなったり、バランスがとりにくくなってきますので、歩行には要注意です。また、身体の重心も以前とは変わってくるため、転びやすくなっています。お腹の重さは、赤ちゃんの重さだけではなく羊水の量もプラスされてきます。だんだんと体が重く、歩くのもしんどくなってきてしまうかもしれません。体重の増加などが気になる場合は、転ぶ心配のあるウォーキングは控えてヨガやスイミングに切り替えてみるのお良いかもしれませんね。

この時期になるとマイナートラブルが増えてくることも

お腹も大きくなってきて、いろいろなマイナートラブルも増えてくるのが、妊娠20週目の時期です。骨盤や靭帯が伸びてくることや、重心が変化して姿勢が変わってくることによる腰痛もよりつらいものとなるでしょう。また、この時期は足がつったりこむら返りを越しやすくなる妊婦さんも増えます。これは、胎児へさまざまな栄養素が取れられることによって、母体がミネラル不足に陥ることが原因です。その他にも、むくみや尿漏れなどのマイナートラブルが多くなる時期でもあります。

妊娠20週目はより妊娠高血圧症候群に注意が必要

20週目に入ると、これまで以上に妊娠高血圧症候群に対して注意が必要になります。妊娠20週目以降の健診では、尿にタンパクが出ていたり血圧が高い場合など、妊娠高血圧症候群と診断される場合があります。大きな原因は、大きくなった子宮が、背中の血管などを圧迫してしまうことにより、血圧が高くなりやくなることがあげられます。これは胎児の成長だけではなく、お母さんの体重の増加なども関係してきます。妊娠高血圧症候群は、お母さんや赤ちゃんにさまざまな合併症を起こす可能性があるからです。参院の指導を仰ぎながら適正な生活習慣を心がけるようにしましょう。

関連記事:妊娠中毒症とも呼ばれた「妊娠高血圧症候群」、その症状と対策は

急な体重増加を防ぐために

この時期は、水を飲んだだけでもむくみなどから太るといわれている時期です。理想は、妊娠間の体重から+6キロ程度といわれています。無理なダイエットは危険ですので、増えすぎてしまっている場合は、産院で相談してみるようにしましょう。急な体重増加を防ぐためには、やはり食生活が大切です。赤ちゃんに必要な栄養素はしっかりとりながらも、むくみの原因となる塩分は控えるなど、工夫をした方が良いでしょう。

まとめ

妊娠20週目ともなると、お腹もぐっと大きくなり、お母さんにはさまざまなマイナートラブルが発生します。また、妊娠高血圧症候群などのリスクも高まりますので、食生活や生活習慣などにも注意が必要です。

この時期の赤ちゃんは、新生児とほぼ同じ外見になっています。あとは、お母さんから栄養をもらってひたすら大きく成長していくだけです。耳もしっかりと聞こえている時期になりますので、話しかけてあげるなどコミュニケーションを取りながら、一緒にマタニティライフを楽しんでいきましょう。